WikiLeaks事件をどう考えるか--世界の読者に一斉調査

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル
2010-12-28 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ZDNetは、WikiLeaksの活動に関するネット世論調査を世界各国で実施し、合計で1万1329件の回答を得た。調査結果から、WikiLeaksの機密文書公開に賛成する読者の割合や、公開文書が有益だと考える人の割合などを紹介する。

 ZDNet UKは英国時間12月14日より、48時間にわたって読者調査を実施した。これに併せて世界各国のZDNetサイトでも同様の調査が行われ、世界のZDNet読者から合計で1万1329件の回答を得た。

 英国では、4分の3の読者がWikiLeaksによる機密文書の公開を支持しており、公開された文書は有益だと答えている。WikiLeaksは現在、膨大な数の米国外交公電を公開しているところで、10月にはイラク戦争に関連する文書を公開した。

 機密文書の公開を支持する米国のZDNet読者は半数程度で、59%が公開文書を有益だとしている。

 欧州、中国、オーストラリアのZDNet読者の間では、WikiLeaksの機密文書公開を支持する声が圧倒的に強い。ドイツでは88%の読者が公開を支持した。フランスで同様の回答をした読者は77%だった。両国では公開された文書を有益だと感じている読者の割合が高い。また中国では、73%の読者がリークされた文書を公開したWikiLeaksの判断は正しかったと考えている。オーストラリアでも、84%の読者が同じ回答をした。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ