今なら間に合う!?「プログラミン」で夏休みの自由研究

海上忍
2010-08-23 13:12:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Scratchライクな開発ツール

 eToysは、パーツの機能を改造する余地があるなど自由度は高いが、そのぶん覚えるべき約束事は多い。Scratchはプログラミング上の自由度の高さこそeToysに譲るものの、より視覚的であり、プログラムの隠喩たる「パーツ」を並べパラメータを変える程度で開発できる利点がある。

 実際のところ、「プログラミン」とそれらMITメディアラボの成果物との関係はわからない。エンドユーザーの視点からすると、部品を並べる程度でプログラミングが完結するScratchに近いように思えるが、FLASHを使うなど実装としてはまるで異なる。もっとも、この開発ツールの主要ユーザーであろう子どもたちには、そのような背景はどうでもいい話で、おもしろいのかどうか、子どもだけで使いこなせるのかどうかが重要だろう。

若年層向け開発ツール「Scratch」 プログラミンが大なり小なりの影響を受けた(と推測される)MITメディアラボが開発した若年層向け開発ツール「Scratch」※クリックで拡大画像を表示

「プログラミン」でできること

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]