グーグルの無料パブリックDNSを使ってみる

文:Rick Vanover 翻訳校正:石橋啓一郎
2010-01-08 10:55:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがやらないことはないのだろうか。Googleは最近、ウェブブラウザやその他のシステムからアドレス解決に利用できるGoogle Public DNSサービスを発表した。Googleは頻繁にウェブをクローリングしており、Webサイトがどこにあるかを熟知していることを考えると、Googleがこのサービスを提供するのはある程度筋が通っている。

 私はこれまでISPのDNS情報をすべての情報に対して使っており、別のISPのパブリックDNSサーバをセカンダリサーバとして使っていた。GoogleがDNSサービスを提供するというのはこの点でも魅力的であり、私はこのサーバを私のテスト環境のいくつかのサーバで設定してみた。これまでの所、予想通り順調に動作している。

 GoogleのDNSサービスでは、2つのIPアドレスを提供している。アドレスは8.8.8.8と8.8.4.4であり、非常に覚えやすい。いくつかのシステムでこのDNSエンジンを設定するのは簡単であり、標準的な方法でアドレス解決が行われる。図Aでは、GoogleのDNSサーバに対してDNSのクエリを実行したところを示した。

Figure A 図A ※クリックすると拡大画像が見られます

 このサービスを利用することは魅力的に思えるかもしれないが、人気のある、非常に一般的なDNSサーバを使用することには懸念もある。とりわけ気になるのは、われわれはこれらのアドレスを利用するトラフィックがどれだけあるかということについて、情報がないということだ。Google DNSはどこかのドメインの権威を持っているわけではないため、これはアドレス解決とは無関係だが、セキュリティの面では心配だ。Googleはこのサービスに関する多くのセキュリティの措置を、Google Codeのウェブサイトで説明している。

 現実的には、私はGoogle DNSのエントリは自分が使っているISPのDNSサーバと組み合わせて使うものとして考えている。あなたは自分でGoogleのDNSの実装を見たわけではないだろうし、格好の標的になるのではとの懸念もあるだろう。コメントを寄せて欲しい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]