「Windows 7」vs「Ubuntu 9.10」-- 図解比較ガイド

文:Alan Stevens(ZDNet UK) 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-11-04 12:18:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワーク機能

UbuntuからWindowsファイル共有を利用する
ネイティブで使うプロトコルは異なるものの、UbuntuのデスクトップマシンもWindowsドメインに参加し、Windowsの共有機能を使うことができる。

Windows 7によるWindowsファイル共有
Windows 7がWindowsファイル共有の全機能の互換性を有している点は言うまでもない。

 基盤としているネットワーク機能に関して言えば、Windows 7を選ぼうがUbuntu 9.10を選ぼうが大差はない。同じ有線ネットワークと無線ネットワークのアダプタでLAN接続できるし、IPv6を含むTCP/IPのサポート状況も同じだ。

 ファイル共有については元来使っているプロトコルが異なるため、問題が発生することも考えられる。しかし、UbuntuデスクトップマシンはWindows NTやActive Directoryドメインのメンバーとして構成可能で、Ubuntuユーザーは問題なくWindowsネットワークを閲覧でき、Windowsで使われているSMB/CIFSプロトコルを使ってWindowsファイル共有内のファイルにアクセスできる。

印刷関連機能

Ubuntuのプリンタ設定
Ubuntu 9.10でプリンタの設定をするのはWindows 7の場合と同じぐらい簡単だが、適切なドライバが常に手に入るとは限らない。

Windowsのプリンタ設定
Windows 7はあらゆる種類のプリンタに対応可能だ。

 理論上はWindows 7よりもUbuntuデスクトップマシンから印刷する方が難しいということはないはずだ。というのは、OSにはあらかじめ幅広いローカルデバイスやネットワークデバイスのドライバが組み込まれているからだ。しかし実際には、プリンタベンダーはWindows用のドライバ開発に注力している。結果として、Linux対応は汎用的なものになりがちで、個々のプリンタが搭載している豊富な機能をUbuntuユーザーがまるごと活用するのは難しいかもしれない。特に複合機の使用については、Windows 7からはスキャニングや文書管理などの機能を使える場合でも、Ubuntuでは対応範囲が印刷機能に限定されることもありうる。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-11-15 22:19:17
WindowsとUbuntuの両方を使っていうものとして、本記事の上にはPRというマークが付いても良いのでは無いかと思える。勿論某ソフトメーカーのPRである
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]