「Windows 7」vs「Ubuntu 9.10」-- 図解比較ガイド

文:Alan Stevens(ZDNet UK) 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-11-04 12:18:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の状態を保つための機能

Ubuntuのアップデートマネージャ
Ubuntuのアップデートマネージャを設定すると、OSとアプリケーションのパッチを自動的にダウンロードして適用するようにできる。

Windows 7の自動更新
Windows 7の自動更新機能の対象はWindows 7自体とOfficeなど特定のMicrosoft製アプリケーションに限られる。

 自動更新機能はMicrosoft製品にもUbuntuプラットフォームにも搭載されており、パッチが配布されたら同梱されているツールで取得して適用する。しかし、Windowsの場合は、更新は必ずMicrosoftから配布され、また対象製品もWindows OSとMS Officeなど特定のアプリケーションに限られる。一方、Ubuntuではサードパーティ製のアプリケーションのパッチも取得してインストールすることができる。

 どちらのプラットフォームでも、アップデートの負荷は大きくなる場合がある。また、ネットワーク管理者はベンダーの自動更新で配られるプログラムよりは自社で検証済みのものを自分たちで展開したいと考えるものだ。その作業を支援する無償ツールがWindows用にもUbuntu用にも出ているし、またどちらのプラットフォームについても、商用のパッチ管理プログラムを使うという手段がある。

セキュリティ

Ubuntuでファイアウォールを設定する
Ubuntuではオプションとしてファイアウォールを利用できるが、他のセキュリティツールは自分で探してこなければならない。

Windows 7のセキュリティ設定
ファイアウォールとスパイウェア対策ツールはWindows 7に標準搭載されており、そのほかにも多くのセキュリティツールが用意されている。

 Windowsは市場にもっとも多く出回っているデスクトップOSであり、そのためクラッカーの格好の標的にもなっている。このため、Windows 7では多くのセキュリティ機能が強化されている。デスクトップファイアウォールとスパイウェア対策ツール(Windows Defender)は標準で搭載されており、最近は無償のウイルス対策ツール(Microsoft Security Essentials)も入手可能になった。さらに、数多くのサードパーティ製のセキュリティアプリケーションも出回っている。

 LinuxはもともとWindowsよりもセキュリティレベルが高いとみなされているが、やはり脆弱性は検出されている。そのため、Ubuntuはオプションでファイアウォール(Firestarter)に加えてスパイウェア対策、フィッシング対策の機能を持っているFirefoxブラウザを同梱している。ウイルス対策ツールやその他のセキュリティ対策ツールは入手できるが、選択肢は限られている。よい点としては、業務ネットワークのセキュリティの大半はデスクトップOSの種類に関係なくゲートウェイレベルで処理される点が挙げられる。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-11-15 22:19:17
WindowsとUbuntuの両方を使っていうものとして、本記事の上にはPRというマークが付いても良いのでは無いかと思える。勿論某ソフトメーカーのPRである
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]