MSの無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」、まもなく正式公開へ

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟
2009-09-24 06:41:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月20日午後、まもなく無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」の正式版をリリースすると、ベータテスターに知らせた。

 同社は「Microsoft Security Essentialsの最終版が、今後数週間以内にパブリック公開される予定だ」と述べている。

 Microsoftは、有料の「Windows Live OneCare」を打ち切ると発表したものの、同時に初の無料製品の提供を発表しており、その開発コード名は「Morro」になると2008年11月に明らかにしていた。

 Microsoft Security Essentialsのパブリックベータ版は2009年6月に公開されたものの、公開後わずか1日で、目標とされていた7万5000人に達したためにダウンロード提供が打ち切られている。

 個人的な感想としては、筆者は6月以来、複数のマシンで同製品を利用しているものの、他のウイルス対策ソフトウェアとは異なり、あまり目立たず、静かに(バックグラウンドで)大半の作業を進めるスタイルが気に入っている。しばしば同製品が稼動していることすら忘れてしまうのだが、数週間前にFacebook上の友人から「Koobface」ワームを送りつけられそうになった時、辛くも保護されて恩恵を受けたところである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ