マイクロソフト 樋口社長、Windows 7発売日発表で買い控えは「起こらない」

冨田秀継(編集部)
2009-07-07 23:46:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 7で買い控えは「起こらない」

 今回、Windows 7の発売日が10月22日とアナウンスされた。しかし、Windows Server 2008 R2の発売日は、日を改めて発表されるという。

 Windows 7の提供価格が発表された6月26日には、発売日のアナウンスが無いことについて、パートナー各社と調整の上で詳細を発表するとしていた。

 樋口氏はZDNet Japanの取材に対し、発売日の決定でPCメーカーと調整が難航したわけではないと前置きした上で、「新年度の経営方針発表の場で、合わせて発表したということ。大手町テクノロジーセンターも今日発表している」と語っている。

 また、発売までおよそ4カ月を残したところでの発表となったが、樋口氏は買い控えを全く心配していないようだ。「発売日の発表によって、需要が大きく減退するという心配は全くしていない」と、自信を見せている。

法人向けでPCの買い換えが2310万台と見込む(画像をクリックすると拡大します) 法人向けでPCの買い換えが2310万台と見込む(画像をクリックすると拡大します)

土台作りに専念した2009年度、2010年度は飛躍できるか

マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏 マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

 樋口氏は記者会見で、「景気はまだまだ出口が見えにくいが、新年度にあたってモードを完全に切り替えられる土台があると強く信じている」と、2009年度を振り返っている。

 筆者は昨年から今年にかけて、樋口氏が「技術資料を充実させろ」「技術情報をきちんと提供しろ」と社内に号令をかけているという話をよく耳にした。そうしたかけ声は、1年で約2万ページの技術文書を翻訳するという実績となって現れている。

 こうした2010年度に向けた土台作りが、2010年度に実績となって現れるかどうか。基幹製品「Windows 7」の立ち上げと販売が最初のチャレンジになるであろう。Windows 7は7月最終週に開発が完了する予定だ。

Windows 7は7月最終週に開発が完了する予定(画像をクリックすると拡大します) Windows 7は7月最終週に開発が完了する予定(画像をクリックすると拡大します)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]