アジャイル系プロジェクト管理--そのルーツを探る

文:Rick Freedman(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-06-24 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既存手法に存在している問題を洗い出すだけでは、それらの問題を解決したことにならない。MacCormack氏はインターネット企業を分析した論文において、従来型の手法を置き換えていくことができると同氏が確信している一連のプラクティスを提言している。以下のシンプルな指針(アジャイル系のプロジェクト管理という概念について調べたことのある人であれば、どれも馴染みのあるものだろう)は、アジャイル系のムーブメントを生み出すきっかけとなったものであり、同氏の一連のプラクティスにも引用されている。

  • 設計とコード実装を進化的に行うことで、早期のリリースを実現する。
  • コードを毎日ビルドし、変更に迅速に対処する。
  • スキルの高いチームで取り組む。

 アジャイル宣言は、こういった新たな理論やアプローチの集大成として生み出されたものである。そのシンプルな宣言は、インクリメンタルな反復型開発手法を提唱する人々によって2001年に上梓されたものであり、アジャイルムーブメントの礎となる文書として、またアジャイル系のプロジェクト管理における基盤となる思想として評価されている。その署名者には、有名なアジャイル方法論を創案した人々も数多く含まれている。例を挙げると、Kent Beck氏はエクスリームプログラミングを考案し、Alistair Cockburn氏はクリスタルという手法を提唱するとともに、アジャイル開発に関する多くの名著を執筆している。また、Jim Highsmith氏はアジャイルソフトウェアにまつわる概念を取り入れ、APM(Agile Project Management)という方法論を体系化している。

 アジャイル手法の学術的かつ経験的な背景を理解することで、スポンサーやクライアントといった利害関係者との会話をより説得力あるものにするとともに、アジャイル技法が解決しようとしている課題や難問についての洞察を深めることができるようになる。アジャイル手法は「ハッキングを奨励している」としばしば揶揄されるものの、実際には確固たる研究に基づいたものであり、インクリメンタルで反復的なプロトタイピングに基づく手法によって問題を解決し、真の利点を提供できるということを示しているのである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]