OpenOfficeの生産性を上げる拡張機能10選

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-06-02 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OpenOffice 3を使っているのであれば、その機能をさらに充実させるために、拡張機能を追加することを検討しているかもしれない。しかし、OpenOffice.orgのウェブサイトを見れば分かるとおり、利用できる拡張機能は数多くあり、このリストすべてに目を通すのには時間がかかる。この記事では、読者の時間を節約するため、ビジネスの場面で役立つOpenOfficeの拡張機能をリストアップして紹介することにした。

1: Alternative dialog Find & Replace

 これは、標準的な検索と置換の機能に、次のようなすばらしい機能を追加するものだ。

  • 検索テキスト・置換テキストに1つ以上のパラグラフを含めることができる
  • 複数の検索・置換を1つのインスタンスで行うことができる
  • 巻末注、脚注を検索できる
  • 名前によるオブジェクトの検索
  • 16進数、10進数による検索
  • あらかじめ設定された正規表現および拡張正規表現が利用できる
  • バッチモードによる検索
  • 組み込みのヘルプ
  • 多言語サポート

 新しい検索機能は、[ツール]メニューの[アドオン]サブメニューの下に見つかる。これを開けば、すぐに拡張機能があるのがわかる。巨大で複雑な文書を扱う人が多い人には、必ずこの拡張機能が仕事の役に立つだろう。

2: Barcode

 多くのハードウェアを管理する必要がある人は、バーコードを使えばシステム管理はずっと簡単になる。これはOpenOffice Drawの拡張機能で、さまざまな種類のバーコード(EAN-13、ISBN-13、ISBN-10からISBN-10への変換、UPC-A、IAN、EAN-8、UPC-E)を作成することができ、チェックサムも追加できる。この拡張機能は、使い方も簡単だ。[挿入]メニューから、[Barcode]を選べばよい。小さなウィンドウが開くので、そこからバーコードの種類と値を入力する。

3: eFax

 この拡張機能は、OpenOfficeにフル装備のファックス機能を統合するものだ。この機能を使えば、eFaxサービスからFAXの送受信を行うことができる。これをインストールすると、eFaxという名前のメニューエントリが追加される。注意: この拡張機能は、OpenOfficeのWindows版でしか動作しない。

4: FastMailMerge

 もし差し込み印刷をしなくてはならないのであれば、最近の差し込み印刷ソフトウェアがアドレスデータベースを必要とする場合が多いことは知っているだろう。データベースを運用するだけの人手はないが、差し込み印刷機能は使いたい人は、FastMailMergeを使うといいかもしれない。この拡張機能は、データベースではなく表計算ソフトからデータを読み込むことができる。この拡張を使うには、表計算ソフトからデータの範囲を選択し、このマクロを実行すればよい。

5: Gantt Chart

 これは使いやすい表計算ソフトの拡張機能で、Calcからガントチャートを作ることができるというものだ。このチャートは、一度に34週分表示することができ、スライダーを使って表示する期間を変更することや、開始日や終了日の依存関係を作成することができ、仕事の進捗状況をパーセンテージで示すこともできる。注意:この拡張機能はWindows版でしか動作しない。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ