失敗から学ぶ「初めてのプロジェクト管理」--初心者とその上司の心得

文:Paul Glen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-04-22 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに危険なのは、彼らの脳がフリーズ状態に陥るということだ。つまり、学ぶことをやめてしまうのである。極めたものについて今さら学ぶ理由など、どこにもないのではないだろうか?

 初めてのプロジェクトで成功を収めてしまったマネージャーが、その成功によって傷付けられたキャリアを癒し、初心の頃に持っていた人間性と柔らかい頭を取り戻すには、2度か3度のプロジェクト失敗経験が必要となる。しかし残念なことに、その頃にはキャリアに致命的な傷が付いてしまっているはずだ。初めてのプロジェクトでいくつかの過ちをおかすということと、何度も失敗を繰り返すということは、まったく別物なのである。後者の場合、上司の印象と自尊心の双方に、取り返しのつかないほどの大きな傷が付いてしまうことになるのだ。

 では、初めてプロジェクト管理を行う際には、どのようなことが必要となるのだろうか?それは以下の3つである。

  • いくつかの大きな過ち
  • そういった過ちに対する容認
  • そういった過ちから学ぶための指導と内省

 あなたが初めてプロジェクト管理を手がけるというのであれば、その過程で引き起こすであろう問題に対する心の準備をしておくべきである。肩の力を抜き、じっくりその問題を経験すればよいのだ。誰もあなたに対して失望などしないだろう。

 また、あなたが初めてのプロジェクト管理を手がける初心者の上司なのであれば、過ちをおかしてもよいということを彼らに伝えておくべきである。そして、彼らが過ちをおかした際には、彼らがその過ちから教訓を学び取り、同じ過ちを繰り返さないようにしなければならない。つまり、問題の真の原因や、失敗の意味について指導するのである。彼らが問題を抱えるのは当然のことであり、あなたはそういったことを大失態ではなく、トレーニングのための投資であると捉えていることを明確にしておくのだ。あなたの仕事は過ちによって生み出されたトレーニングという投資から最大の価値を引き出すことなのである。

 プロジェクトマネージャーへの道は非常に険しいものの、いくつかの失敗というものによって、プロジェクトの一員からマネージャーへのステップアップがより容易に成し遂げられるようになるのである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]