Linuxで使えるWebベースのツール10選

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-04-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#9:PacketFence

 「PacketFence」は現在利用可能なオープンソースのネットワークアクセス制御ツールの中で最も優れたものの1つであり、多くの大規模産業で導入されている。PacketFenceは新しいネットワーク機器の登録や、異常なネットワーク活動の検出、問題を抱えたネットワーク機器の隔離、修復、設定や脆弱性のスキャン、VLANの隔離、802.1X、FreeRADIUS、DHCPベースのフィンガープリンティングをサポートしている。また、インターフェースはWebベースとコマンドラインベースの双方が用意されている。なお、PacketFenceはインストールこそ簡単であるものの、修得が難しいシステムである。そのサポートは(ドキュメントと同様に)乏しいため、この素晴らしいシステムを理解するには、同梱されているREADMEファイルの存在が欠かせないものとなるだろう。

#10:Domain Technologie Control

 あなたがオープンソースのホスティング管理ソリューションを探しているのであれば、cPanelのオープンソース版である「Domain Technologie Control」(DTC)を検討してみるべきだろう。このソリューションはGPLの下でリリースされており、他のほとんどの商用ソリューションにはない機能を数多く備えている:こういった機能として、リアルタイムのネットワーク帯域幅モニタや、IPの自動アップデート、ウイルス対策、スパム対策などを挙げることができる。また、このユーティリティは*NIXプラットフォームに依存していない(LinuxやBSD、Solaris、Debian、Mac OS Xなどで稼働する)。同種の多くのソリューションとは異なり、DTCはデーモンを用いることなく、Apacheをそのまま用いるようになっている。なお、プロフェッショナルレベルのサポートを購入することもできる。あなたがホスティングサービスの構築を考えており、数多くの問題に対する答えを見つける必要があるというのであれば、DTCが一番のお薦めである。

他に追加するべきものは?

 Linuxで使用できるWebベースのツールの中には、優れているものの「ニッチ過ぎる」というものもある。本記事で紹介しているツールは、かなり幅広いニーズを網羅しており、あなたがこれまで考えたことのなかったソリューションを提供できる可能性もある。上記のリストに追加したいWebベースのツールがあれば教えてほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]