Linuxで使えるWebベースのツール10選

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-04-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxで使用できるWebベースのツールは数多く存在している--問題は、あなたのニーズに最適なものをどうやって選ぶかということだ。本記事では、筆者のお薦めツールを紹介する。

 Linuxは、アプリケーションを実行するための非常に優れたプラットフォームである。そして、Linux上で実行できるアプリケーションは星の数ほどもあるのだ。すなわち、コンテンツ管理システムからWebポータルサイト構築ツールまで、Linuxにはあなたの必要としているすべてのものが揃っていると言ってもよいだろう。そして、数多いツールのなかでも、最高と言えるものがいくつかあるのだ。本記事では、サーバ/Web/クラウドをベースとした、Linuxの必携ツールとして筆者がお薦めするものを10個紹介する。

#1:Drupal

 「Drupal」は、現在利用可能なコンテンツ管理システムのうちで最も優れたものの1つである。DrupalはPHPで記述されたオープンソースのツールであり、個人のサイトから大企業のサイトにまで対応可能となっている。また、モジュール化されており、デフォルトではコアのみがインストールされるようになっているものの、追加可能な素晴らしいモジュールが数多く用意されている。Drupalを稼働させるには、データベース(MySQLが望ましい)とPHP、サーバ(例えばApache)が必要となっている。なお、このツールは元々、掲示板システムとして開発されたものである。

 Drupalはインストールや管理が容易であり、信頼性に優れ、スケーラビリティが高いうえに、テーマ設定も可能となっている。Drupalを使用している大規模サイトとして、Warner Brothers RecordingやMTV UK、Harvard Science and Engineering、FedEX、NASA、Ubuntuを挙げることができる。

 Drupalには、バグの修正とパッチのリリースが効率的に行えるという優れた特徴がある(特にエンタープライズレベルでのメリットが大きい)。Drupalの開発には膨大な数の技術者が関わっており、バグやセキュリティホールが発見されると、速やかに修正がリリースされるのだ。また、バージョン6.0からは自動アップデート通知機能が搭載され、インストールされているモジュール(コアも含む)のアップデートがリリースされるとすぐに、管理者に通知されるようにもなっている。あなたが高品質のサイトを迅速に展開するためのツールを必要としているのであれば、Drupalをお薦めする。

#2:Webmin

 サーバやデスクトップを遠隔地から管理する必要があるというのであれば、現在手に入るツールのなかでは「Webmin」が最も優れたものの1つになるだろう。Webminでは、ディスク使用容量の上限を設定したり、アプリケーションを修正したり、サービス(ApacheやFTP、MySQLなど)を設定したり、複数のマシンを単一のインターフェースによってコントロールするといった、さまざまなことが可能となっている。また、Webminのインターフェースは完全にWebベースであり、驚くほどユーザーフレンドリーなものとなっている。さらに、WebminはDrupalと同じく、モジュール化されているため、モジュールのインストールによって、ほぼどのようなアプリケーションやタスクにも対応でき、ユーザー独自のモジュールを開発することも可能となっている。Webminは、管理タスクを大幅に簡素化したいと考えているすべてのLinux管理者が(そして現在ではWindows管理者も)導入すべきツールだと言えるだろう。なお、WebminはBSDライセンスの下でリリースされている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]