あなたの履歴書を向こう5年間戦えるものにするために--今後必要な開発者スキル10選

文:Justin James(TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-04-10 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8: 専門知識

 アジャイル開発手法と関連して、プロジェクトの定義の中で開発チームはパートナーとして見られることが多くなっている。これは、問題領域について理解している開発者は、プロジェクトに対してよく見える、価値のある形で貢献できるということを意味している。アジャイル開発では、「今からなら、この機能は比較的簡単に追加することができて、これには大きな価値があります」あるいは「その要件は、ログからわかっている利用パターンには合いませんね」と言える開発者は非常に重宝される。いくら多くの開発者が問題領域について知る必要があるという考えに抵抗したとしても、より多くの組織が、開発者が最低でも基本的なことを理解することを好む(あるいは強制する)ということは紛れもない事実だ。

9: 開発の「衛生学」

 数年前には、多くの(あるいは大半の)開発会社には、バグ追跡システムや、バージョン管理システム、その他のツールはなく、開発者と彼らが選んだIDEしかなかった。しかし、Microsoft Visual Studio Team Systemなどの新たな統合スタックの開発と、高品質なオープンソース環境の利用可能性が高まったことによって、それらのツールを持たない組織はかなり少なくなった。開発者は、ソースコード管理環境にコードをチェックイン、チェックアウトする方法や、テスト環境を構築するためにVMシステムを使う方法以上のことを知る必要がある。開発者は、確実にチームと適切な協力を行うのに必要な、衛生状態を保つための厳格な習慣を持つ必要がある。個人のUSBメモリに何でも入れておいたり、作業項目に対応する変更履歴を文書化しないような「コードカウボーイ」は、伝統的な手法をとる開発会社では歓迎されないし、チームメンバー間の緊密な協力関係に依存しているアジャイル開発環境では、さらに嫌われる。

10: モバイル開発

 1990年代の終わりに、ウェブ開発は主流として認められるようになり、多くの分野で従来のデスクトップアプリケーションを隅に追いやり始めた。2008年には、モバイル開発が軌道に乗り始めており、次の5年間にはますます重要なものになるだろう。もちろんモバイル開発には、モバイル機器で使えるように設計されたウェブアプリケーション、この市場を狙ったRIA、デバイス上で直接的に実行されるアプリケーションなど、いくつもの異なるアプローチが存在する。どの道を選ぶとしても、あなたのスキルセットにモバイル開発を加えておけば、確実に将来の需要が見込めるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • コメント(4件)
#1 anonymous   2009-04-11 01:44:29
actionscript2,3,javascript,css,php,mysql,linux鯖管,
AIR,FlexでRIA,Aftereffectで映像編集,
携帯サイト作ってもモバイルFlashでゲーム作っても
PV250万人を超えるWEBアプリ作っても
上場企業で使っているWEBアプリ作っても
年収350万超えないけど。
大事なのは人とつながるコミュニケーション能力だけだと思うよ。
#2 anonymous   2009-04-13 23:20:27
コミュニケーション能力(笑)
2009年にもなってそんなバズワードを口にしてる時点で、時代が見えていない役立たずだと気づこうね^^
#3 anonymous   2009-04-15 12:48:08
と、コミュニケーション能力に欠けた者が言っております。
#4 ST   2011-12-15 23:13:57
実際様々な開発においてコミュニケーション能力は欠かせません。
もしこのスキルがない方がいた場合、情報の疎通がうまくいかなくなります。
これで行き詰まり、プロジェクト全体の進行の妨げになったり、
仕様通りではない製品が出来てしまったり、様々な障害が発生します。

これらから、コミュニケーション能力は必須なのです。
2009年だろうが2011年だろうが、いつの時代もこの能力は必須ですよ。

コミュニケーション能力を捨て置くことはできませんよ。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]