ASP .NET 4.0:新機能をマイクロソフト 物江修氏が解説

杉山貴章(オングス)
2009-01-29 21:05:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web Deploymentツール

 Web Deploymentツールについては、以下の2種類のツールが提供される予定だ。

  • ASP.NET Web Deployment
  • Microsoft Web Deployment Toolkit

 前者はVisual Studio 2010に含まれるもので、ASP.NETアプリケーションを展開する際に配布しなければならないあらゆるもの(レジストリ設定や関連付けられたSQLデータベースも含む)をパッケージ化することができ、デプロイメントの手間が大幅に軽減される。後者はIISのためのもので、サーバ上でのアプリケーションの配備や再配置、IIS 6.0から7.0への以降、効率的な同期などを手助けする。

ServerCore用 .NET Framework

 Windows Server 2008からは、「ServerCore」というデスクトップやGUIを持たないセットアップ形態が利用できるようになった。従来このServerCore上では.NET Frameworkが動作しなかったが、それがWindows Server 2008 R2から動作するようになるという。ServerCoreに含まれるのは以下の機能。

  • .NET 2.0のサブセット
  • .NET 3.0のサブセット
    • Windows Communication Framework(WCF)
    • Windows Workflow Framework(WF)
  • .NET 3.5のサブセット
    • LINQ
  • IIS用ASP.NETのサブセット
  • PowerSehll
  • WoW64(オプション)

 セッションでは説明が省略されたが、ASP.NET 4.0の代表的な新機能にはこの他に、ASP.NET Dynamic Dataなどがある。これはデータドリブンのウェブアプリケーション開発を容易にするためのもので、上記6つの機能とあわせてチェックしておきたい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]