オープンソースをライセンス的に正しくつかうための11のチェックポイント

冨田秀継(編集部)
2009-01-27 21:12:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10. 遵守しやすいように、ライセンスごとに分けたプログラム構造、物件管理をしていますか?

 姉崎氏は「そもそも初めから(プログラムを)分けておき、混在しないようにすること。出荷前のコード検査だけでは手遅れの場合もある」と注意を促す。

 「オープンソースソフトウェアを一切排除した開発もあり得る。しかし、クリーンルームでの開発でも徹底しなければ、インターネットを当たり前に使用できる環境で、オープンソースソフトウェアを一切排除することは難しい」と語り、「ライセンスを意識した開発管理を実施すべきだ」と強調している。

OSS活用のソフト開発手法のポイント(画像をクリックすると拡大します) OSS活用のソフト開発手法のポイント(画像をクリックすると拡大します)

11. 利用するOSSに還元していますか?

 「利用者が還元しなければ、利用するオープンソースソフトウェアの存続が危ぶまれる。オープンソースソフトウェアのエコシステムに積極的に参加し、一緒にサイクルを回す努力をしよう」と姉崎氏。還元例として、

  • 開発者コミュニティに開発者の1人として参加する
  • 見つけたバグ修正などのパッチを開発コミュニティに提供
  • ユーザー観点での評価結果、コメントをユーザー会で情報交換
  • OSSのサポートを提供
  • OSSを明示的に補完する製品を提供
  • ユーザーコミュニティに参加して、普及と促進に努める
  • 寄付

 姉崎氏は「OSSへの還元が増えて、OSSの発展につながるのであれば、商用製品でOSSを正しく使うことも歓迎されるはず」と訴え、講演を締めくくっている。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]