SourceForge.JP、Google AdSenseを登録プロジェクトに解放

冨田秀継(編集部)
2009-01-22 19:48:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OSDNは1月22日、全ての登録オープンソースプロジェクトにGoogle AdSenseを無償解放することを発表した。Google AdSenseはユーザーとサイト運営者で広告収益を分配できるが、本施策では登録プロジェクトへの配分率を100%としている。

 SourceForge.JPは、登録されたオープンソースソフトウェアのプロジェクトへ、バグ管理、フォーラム、Wiki、Webホスティング領域といった機能を提供している。今回は、Webホスティング領域においてGoogle AdSenseの利用が解放された。

 この試みはGoogle AdSense APIを活用することで実現した。Google AdSenseはユーザー参加型サイトにおいて、ユーザーとサイト運営者の間で収益分配率を設定できるが、今回は登録プロジェクトに全て配分するように設定しているという。なお、これまでのWebホスティング領域では、Google AdSenseやアフィリエイトなどの広告掲載は禁止していた。

 SourceForge.JPにおけるGoogle AdSenseの活用については、「adsense - SourceForge.JP ヘルプ」で詳しく説明されている。

アカウント取得画面。登録プロジェクトの収益機会創出に期待がかかる
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]