builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

Vistaは本当に失敗作なのか:Windowsの現在と未来

冨田秀継(編集部)
2009-01-08 18:47:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT技術教育を専門とする企業のグローバルナレッジネットワークは、1月8日と9日の2日間に渡って技術者育成イベント「G-Tech2008~2009」を開催している。本稿では初日に行われたセッション「横山哲也が語るWindows現在過去未来」の中から、後半部分であるWindowsの「現在」と「未来」を紹介したい。

 講演者は演題にもあるとおり、グローバルナレッジネットワークの取締役技術担当である横山哲也氏。

Windows Vistaにまつわる評判

横山哲也氏 横山哲也氏

 「Windows Vistaは、自分でPCを組み立てるようなハイアマチュア層での評判が非常に悪い」――こう語る横山氏だが、しかし、これはハイアマチュアだけでなく、巷間によく伝えられている指摘でもある。しかし、Windows Vistaは本当に「ダメ」なのだろうか。横山氏によれば、事態はそう単純でもなさそうだ。

 横山氏は「Windows Vistaにまつわる文句」を複数挙げ、その根拠に首をかしげる。

Windows Aeroを使うと遅い

 ある程度のメモリがあれば、逆に早いのがAero。ただ、『ある程度』のハードルが高く、(快適に動作させるためには)2GB程度が必要だ。

検索インデックス作成のために性能が低下する

 ディスクがしょっちゅうカラカラするため、そういう印象を受けるのだろう。低プライオリティI/Oでインデックスを作成するため、つまり作業中はインデックスの作成を停止しているため、性能は低下しないはずなのだが……。

UACは面倒なだけだ

 ユーザーアカウント制御(UAC)は最も評判が悪い。Windows Vistaがプレインストールされたメーカー製PCでは、デフォルトでオフにしている製品もあるほどだ。しかし、UACが警告を発するのは特権レベルで作業するとき。アラートが上がって煩わしいという声は、特権作業が多いということも意味している。これはPCの利用法として妥当なのかという点を考えなければならないだろう。

IEで顔文字が使えない

 Windows Vistaではセキュリティレベルが上がったこともあり、Internet Explorerが動くレベルと、他のプログラムのレベルも異なっている。そのため、IMEで登録した顔文字を、Windows VistaのInternet Explorer 7で利用できない事態が発生する。

 Internet Explorer 7 のほとんどのセキュリティ機能は、Windows XP Service Pack 2 用の Internet Explorer 7 でも使用できますが、保護モードは、Windows Vista の新しいセキュリティ機能に基づいているため、Windows Vista でのみ使用できます。

(中略)

 信頼性の低い権限 (プロセスは Temporary Internet Files\Low や HKEY_CURRENT_USER\Software\LowRegistry キーなどの整合性が低いロケーションにしか書き込みを実行できません)

 保護モードの Internet Explorer の理解と機能より引用

 なお、マイクロソフトはこの問題の解決方法を公開しているため、ある程度は改善されているといえよう。

 ただし、辞書の学習の内容が異なるなどの問題は今でも起きているだろう。この問題を本質的に解決するのは非常に難しい。


 このほか、Windows XPでは簡単にできたファイル共有ですらWindows Vistaでは困難になるなど、「ネットワークの構成が面倒」といった意見なども紹介された。

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]