フォトレポート:Internet Explorerのセキュリティを強化する

文:ZDNet.com Staff 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-12-24 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフトのInternet Explorer(IE)をよりセキュアなものにするために行うことのできる主な設定変更を紹介する。

 [セキュリティ]タブをクリックすると、さまざまなゾーン(IEにおけるセキュリティ設定の適用範囲を分類したもの)が表示される。

 これらのゾーンそれぞれにおいて、セキュリティレベルを個別に設定できるようになっている。[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックすると、該当ゾーンのさまざまなセキュリティ設定を変更することのできる2番目のダイアログボックスが表示される。

 「インターネット」というゾーンの設定は、当初すべてのサイトに適用される。このゾーンのセキュリティ設定は、他のゾーンに該当しないすべてのWebサイトに適用されるのである。このため、「このゾーンのセキュリティレベル」は「高」にしておくことをお勧めする。

 この設定を「高」にすることで、ActiveXやActiveスクリプト、Javaなどの機能が無効になる。こういった機能を無効化しておくことで、IEはよりセキュアになるのである。

 これを行うには、スライダのつまみを「高」の位置にドラッグすればよい。なお、スライダが表示されていない場合には、[既定のレベル]ボタンをクリックすると表示される。

フォトレポート:Internet Explorerのセキュリティを強化する 文:ZDNet.com Staff 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]