アジャイル開発の恩恵とは

文:Lana Kovacevic(Builder AU) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-11-28 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--アジャイル開発に移行するためにもっともよい方法はなんでしょう。

 2つあります。第1に、少なくともパイロットプロジェクトを行うことです。他の人の場合にうまくいっているからといって、自分の場合もうまくいくとは限りません。試しにやってみる必要があります。

 その後の課題は、組織全体にそれを行き渡らせることです。ここからものごとが難しくなります。これには、組織全体が変わる必要があるからです。

--アジャイル開発のテスト工程について聞かせてください。

 テスト駆動開発については多くの議論が行われています。テスト駆動開発(TDD)ではテストを満たすことのできるだけのコードを書きます。これは非常によいプラクティスなのですが、かなりの規律を必要とし、訓練とこれを行うことが許される必要があります。

 これについては、アジャイル主義者によって多くの試みが行われており、アジャイル主義者以外にも試みられています。これはまだ完璧ではありませんが、良くなってきているはずです。

 TDDとは、仕様に対してテストを行うことと等価です。ここでは、利害関係者は要件を特定することができると仮定されています。われわれは、この仮定は誤っていることを知っています。彼らは要件定義には長けていません。元々人間はそれに向いていないのです。結果として、TDDは言われたことをやることしかできません。

 TDDではそのリスクに対応しなくてはならず、独立したテストチームを同時に動かす方法に対して対応しなくてはなりません。これは複雑なテスト手法です。テストチームは、セキュリティに関するテスト、性能テスト、使いやすさのテスト、探索的テストを行います。

--アジャイル開発では、より多くのスキルと経験が必要になると思いますか。

 アジャイル開発にはより多くの規律が必要であり、これはほとんどの場合、より多くのスキルと経験を意味しますが、一部の人は学校から出たばかりでアジャイル開発を上手にこなしています。

 実際に問題なのは、規律を受けたいと思うかどうかであり、時間をかけてスキルセットを身につけたいと思うかどうかでしょう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]