「優秀で、いい奴が多い」--Googleカルチャーとエンジニアの日常

鳴海淳義(編集部)
2008-06-13 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Googleの社員は社内でどんな日常を過ごしているのだろうか、誰もが気になる本当のところを紹介するセッションがGoogle Developer Dayの最後に設けられた。Googleのソフトウェアエンジニアの藤島勇造氏がプレゼンテーションを行った。

google Google ソフトウェアエンジニアの藤島勇造氏

 藤島氏によれば、Googleはカルチャーを大事にする会社であるため、日々の生活にもそのカルチャーが色濃く反映されるという。

 では、Googleのカルチャーとはどのようなものか。同氏は、グーグルらしさを表すキーワードを9つ挙げた。

Googleカルチャーを表す9つの言葉

  1. Clarify:明瞭さ
    判断基準はなにか、プロセスは?、結果は何か、すべてを明らかにするのが求められる。
  2. Transparency:透明さ
    業務に必要な情報にはすべてアクセスできるようになっている。
  3. Democracy:民主主義
    トップダウンではなく、社員の総意に基づいて、判断がなされる。

    こんな実例がある。Googleが大きくなって新しいオフィスに移らねばならなくなった。そこで移転先を決める必要がある。Googleの場合、検討方法は重役の意見でもなく、多数決でもない。壁に大きな地図を貼り付けて、そこに全社員の家をピンしていった。それを見て、どこにオフィスを置くべきかを判断した。

    もちろん、紙の地図を壁に貼ったのは昔の話で、最近、ニューヨークオフィスが引越したときはGoogleマップのAPIを使ってピンを立てたという。
  4. Faciliate:促進する
    業務内の20%の時間をつかって、自分個人のためというより、社員全体が良くなるように、何らかの取り組みをする。新入社員のための教育制度「メンター制度」もある。
  5. Respect:尊敬する
    人を尊重し、誰もが良いアイデアを持っていると信じている。会議が白熱しても個人攻撃をすることはない。
  6. Initiate:自ら動く
    エンジニアは問題があれば自ら動いて直す。責任を持って実行する。
  7. Iterate:繰り返す
    完璧になるのを待つのではなく、まず試してみて、その結果に対して柔軟、迅速に処置を講ずる。
  8. Scrappy:寄せ集め
    いま使えるものを使って目標を実現する。非効率な仕事があったら、効率的に実現する方法(ソフトウェア何とかできないかなど)を考える。
  9. Party:周囲の人を楽しませる
    祝いごとがあったらお祝いして、地味な作業、泥臭い作業をしている人にも光を当てる。しらけた態度をとらず、情熱をもって取り組む。

 最後のPartyという言葉について、藤島氏はこんな話を紹介した。昔、Googleに利益が出ていなかったころ、創業者2人は「利益が出たらプールを作ろう」と言っていたそうだ。そしてついにGoogleに初めての利益が出た日があった。すると彼らはすぐにビニールプールを買ってきて、駐車上で水をため、皆で遊んでお祝いしたのだという。

 次はGoogleの開発体制についてだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ