Google Visualization APIとChart APIを組み合わせてみた

白石俊平(あゆた)
2008-04-02 15:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のサンプル

 とはいうものの、サンプルの選定にはかなり難儀した。なぜなら、単にデータをグラフ表示するだけなら、既にGoogleスプレッドシート上で使えるもの(ガジェット)が数多く提供されているからだ。

 そこで題材として選んだのが、「『日付:数値』という組み合わせのデータから、月ごとの合計値を算出し、グラフ表示する」というものだ。

 たとえば、筆者のように、「一仕事いくら」という形で執筆業を行っていると、月々に合計でいくら収入が入ってくるのかよくわからなくなる。そこで、仕事を行った記録をスプレッドシート上に記録するようにし、いつもiGoogleにグラフ表示されていればわかりやすいのではないか、という理由でこのようなサンプルにした(きわめて個人的な動機で申し訳ない)。

 今回のサンプルで使用するドキュメントはこちらにある。

グラフの元になる売上明細。もちろん、データのほとんどはダミーである サンプルデータ

 「掲載日」を月ごとにグループ化し、「原稿料」の合計値を算出してグラフ化したものが以下の画像だ。

作成されるグラフ サンプルグラフ

 サンプルの概要はお分かりいただけたと思うので、早速次のページからソースコードを紹介していきたい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]