Google Visualization APIを早速使ってみた

白石俊平(あゆた)
2008-03-21 23:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visualization APIの利用例

 現在、Visualization APIのデータソースとして実装されているのはGoogle SpreadSheetであることは先ほどお伝えした。と言うことで、同サービスを利用できる方であればどなたでもVisualization APIの恩恵を受けることができる。同APIがもたらすものは何か、を簡単に紹介していこう。

 Google SpreadSheetは、Visualization APIによって検索を行えるだけではなく、同APIを用いて作成されたGoogleガジェットを貼り付けられるよう機能が拡張されている。 ガジェットを貼り付けるには、「編集」タブのツールバーにある「追加」ボタンを押すか、任意のセル上で右クリックし「ガジェットを挿入」をクリックすればよい。

ガジェット追加メニュー すると上のようなメニューが表示され、好きなガジェットを選んで追加できる。

 現在どんなガジェットを利用できるか、を軽く紹介していこう。例えば以下のような表があるとする。

戦闘力表 こういう表に対して・・・(データはこちらからお借りした)
棒グラフ 棒グラフ
ゲージ ゲージ表示
表 ガジェットとして貼り付けられる表
香川県の郵便番号一覧表 また、香川県の郵便番号一覧表に対して・・・
Maps表示 表内の住所をMaps表示することも

 だいたいご理解いただけただろうか。これらのがジェットは、Google SpreadSheetに格納されているデータをVisualization APIを用いて取得し、表示しているのだ。

 ここに掲載した表は、公開スプレッドシートとして作成してあるので、どこからでもアクセスできる。興味がある方はごらんになっていただきたい。

  • コメント(1件)
#1 kouki   2011-12-29 12:07:55
はじめまして。
API関連で、こちらのサイトをよく参考にさせて頂いております。
このページに記載されたソースですが、
現在ローカルにコピーした場合ブラウザで表示できません。

原因などおわかりでしたら、ご教示頂ければと思います。

宜しくお願い致します。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]