Google Visualization APIを早速使ってみた

白石俊平(あゆた)
2008-03-21 23:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Visualization APIとは?

 先日、Google Visualization APIと呼ばれるAPIが公開された。なかなか興味深いのでざっと使ってみた感想などを書き留めておきたい。

 Visualization APIを簡潔に表すと、「外部のデータソースから、SQL(に似た言語)を用いて二次元データを取得するJavaScript API」となる。

 データソースはURLで表され、クエリはデータソースに対してHTTPリクエストで渡される。結果は非同期で受け取り、検索結果は「行:列」の二次元からなるJavaScriptオブジェクトとなる。

 Visualization APIは、そうしたJavaScript APIを提供するのみで、検索クエリの解釈と結果の返却は、個々のデータソース実装に任せることになる。データソースはURLで表されることから、データソースの実装者はインターネットサービスを公開している事業者だ。とはいえ、現在のところ利用できるデータソースは、Google Docsに含まれるスプレッドシートのみである。

 だが、世の中リレーショナル・データベースが全盛であることを考えると、二次元データで表現できるデータは数限りなくあるはずだ。そうしたデータを抱えるデータソースの全てがVisualization APIに対応すれば、インターネット上のリソースに対してSQLアクセスできると言う可能性も開けてくる。

 この記事では、現状で提供されているVisualization APIの利用例を紹介した後、Visualization APIを利用した初歩的なプログラミングを紹介する。

  • コメント(1件)
#1 kouki   2011-12-29 12:07:55
はじめまして。
API関連で、こちらのサイトをよく参考にさせて頂いております。
このページに記載されたソースですが、
現在ローカルにコピーした場合ブラウザで表示できません。

原因などおわかりでしたら、ご教示頂ければと思います。

宜しくお願い致します。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]