Java向けトラブルシュートツールVisualVM Milestone 3

原井彰弘
2008-02-20 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VisualVMプロジェクトは2月19日、Java向けのトラブルシューティングツール「VisualVM Milestone 3」をリリースした。

 VisualVMは、Java仮想マシンの各種情報を表示するGUIアプリケーション。通常、ヒープメモリやプロファイラ、モニタといった仮想マシンの状態は、それぞれ個別に確認しなければならない。しかし、VisualVMを利用すると、これらの情報を一つのGUIウィンドウの中で一括して表示することが可能になり、トラブルシューティングを行う際の作業効率が向上するという。

 表示可能な項目は、JDKのバージョンやローカル実行かリモート実行かによっても異なるが、たとえばJDK 6.0上でローカル実行した場合には、システムプロパティ、モニタ、スレッド、プロファイラ、スレッドダンプ、ヒープダンプなどの項目が表示可能だ。

 今回のリリースでは、主にバグ修正と動作の安定化が図られており、目立った新機能は追加されていない。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]