Java向けテスティングフレームワークJDave 1.0

原井彰弘
2008-02-19 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JDaveプロジェクトは2月18日、Java向けのテスティングフレームワーク「JDave 1.0」をリリースした。

 JDaveは、ソフトウェア開発における「ビヘイビア駆動開発(BDD)」を促進するために開発されたJava向けのテスティングフレームワーク。RubyのBDD対応テスティングフレームワーク「rspec」から影響を受けて開発された。JDaveではモックオブジェクトフレームワーク「JMock 2」が統合されているほか、マッチングライブラリとしては「Hamcrest」が用いられている。

 BDDとは、ユニットテストを「仕様」という観点で捉えた開発手法。テスト駆動開発(TDD)と本質的には全く同じだが、テストではなく「仕様」の概念に重きが置かれているのが特徴だ。

 JDaveもこの考え方に沿って設計されており、仕様書を書く感覚でコードを記述することが可能になっている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]