アイログ、EclipseによるRIA開発に対応した「ILOG JViews 8.1」を発売

CNET Japan Staff
2008-02-14 15:46:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイログは2月14日、Java環境向け可視化製品の最新版である「ILOG JViews 8.1」日本語版を発売した。ILOG JViewsは、開発者、デザイナー、エンドユーザーを対象に、管理および監視アプリケーションの開発を容易にする、エンタープライズ向けグラフィック開発ツール。

 最新版の8.1では、管理、監視を目的とした、リッチインターネットアプリケーション(RIA)およびデスクトップアプリケーションの開発機能が強化された。また、アプリケーションのパフォーマンスを大幅に改善している。

 そのほか、新たに開発されたEclipse Graphical Editing Framework(GEF)対応のグラフレイアウト機能が加わった。開発者は高度なグラフ作成ニーズに応える開発実装の際、利用するソフトウェアコンポーネントを従来のJavaだけでなく、Eclipseにすることも可能だ。

 ILOG JViews 8.1には、Diagrammer、Charts、Gantt、Maps、Maps for Defense、TGO(Telecom Graphic Objects)の6製品が含まれる。価格は、Diagrammerが70万円より、Chartsが35万円より、Ganttが70万円より、Mapsが70万円より、Maps for Defenseが280万円より、TGOが140万円より。

ILOG JViews 8.1 ILOG JViews 8.1では、グラフレイアウト機能をEclipseに実装することが可能になった。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ