QtのライセンスGPLv3へ

後藤大地(オングス)
2008-01-21 19:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qtアプリケーション開発ツールキットのライセンスがGPLv3へ移行となる。TrolltechのHavaard Nord氏が18日(米国時間)、KDE Developer Conferenceで発表したもの。

 Qtはクロスプラットフォームで動作するアプリケーション開発ツールキット。統合デスクトップ環境であるKDEはQtをベースに開発されている。KDEは待望の最新版となるKDE 4が先日公開されたばかりだ

 GPLv2からGPLv3への移行は緩やかに進んでいる。いくつかのビッグアプリケーションは依然としてGPLv2を採用しているし、GPLv3を懐疑的な目で見ているものも依然多く残る。しかし、今回QtがGPLv3へ移行することで、ほかのツールキットにも少なからず影響を与えることになるだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]