デザイナーはデザイン、開発者はプログラムだけという時代は終わった―アドビ イルグ社長

大野晋一(編集部) 杉山貴章(オングス)
2007-12-27 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何よりも大切なのは、継続的に知識を積み重ねていくことだと思います。もちろん、プログラミングが得意な人にPhotoshopの使い方を学べというわけではありません。自分の持っている能力をベースとしてナレッジを広げ、カバーできる範囲を拡大させていくことです。そして自身で設定したボーダーを超え、デザインやクリエーションの概念を理解できるようになることが大切です。逆にクリエイターならば、アートワークだけでなくアーキテクチャやワークフローに対する理解を深めることです。

デベロッパー・コミュニティとの関係を重視

―先程Flex SDKの話が出たので、それに関連してオープンソースについての話もお聞きしたいと思います。先日新しいオープンソース・プロダクトとして「BlazeDS」が発表されましたね。そのビジネス的な狙いというのは発表のときにもお聞きしているんですが、これを利用する開発者側としてはアドビがオープンソースにこれだけ積極的にコミットしようとしているということをどうとらえていったらいいでしょうか。

 アドビとしては、デベロッパー・コミュニティと一緒に仕事をしたいと考えています。まずそのことをよく知って頂きたいと思います。デベロッパーをサポートすることは我々の責任です。それは単にセミナーを開いてトレーニングを施すということだけでは不十分で、もっと別の形での貢献もしていかなければなりません。

 ツールのオープンソース化はそうした活動の一環です。ハイクオリティでかつパワフルなツールをオープンにすれば、優れた技術がより広く伝搬することにつながると考えています。それによって多くの人がスキルを身に付けられるだけでなく、そのスキルを使える場所も増えることになります。そのようにしてデベロッパが活躍できる機会を増やしていくことができればと思います。

―開発者側からアドビの技術に対して何か貢献できることはあるでしょうか。

 まず第一に使っていただくことです。Flexのコミュニティはまだ小さいので、もっと多くの人に使っていただくことでコミュニティを広げていきたいと考えています。

 第二に、Flexを使って作られた作品や事例を積極的に公開していただきたい。興味深いものはセミナーなどでも紹介させて欲しいと思います。また、Best Flex Developmentのような形のコンテストも開きたいと考えています。そうすれば、他のデベロッパーや、それから我々アドビの人間も、この技術でどのようなことが可能なのかを確認することができます。

 そして第三に、様々なケースで積極的にテストして活用していただくことです。Flexはインタラクションということだけでなく、その他の様々な面においても非常にパワフルです。それを多くのコミュニティに理解していただきたいと思います。

―最後に、日本の開発者に向けてメッセージをお願いします。

 我々の戦略にとって、デベロッパ・コミュニティは非常に重要だと考えています。我々にとっての課題は、デベロッパの方々とどのようにしてうまくコミュニケーションを取り、協力していくかということです。今後コミュニティと良好な関係を継続していくために、技術や情報の提供、アドビとしてのビジョンの公開などを積極的に行っていく予定です。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]