Ruby言語パーサのruby_parser 1.0.0が初リリース:Rubyで100%記述

原井彰弘
2007-12-25 20:48:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ParseTreeプロジェクトは12月22日、Rubyで書かれたRuby言語のパーサ「ruby_parser 1.0.0」をリリースした。

 ruby_parserは、完全にRubyで書かれたRuby言語のパーサ。クラスやメソッドの定義などのRubyコードを文字列として渡すと、渡されたコードのパースを行って、構文木をRubyの配列や文字列、シンボルなどを利用したS式で返す。

 同様のツールとしては、同プロジェクトからParseTreeというツールがすでにリリースされている。しかし、ParseTreeが部分的にRubyInlineを用いてC言語で記述されているのに対し、ruby_parserは完全に純粋なRuby言語で記述されているという違いがある。なお、出力結果については、どちらのツールを使ってもまったく同じであるとしている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]