Apple、Leopard向けJava SE 6公開

後藤大地(オングス)
2007-12-20 18:47:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Appleは18日(米国時間)、Apple Developer Connectionを通じて「Java SE 6 Developer Preview 8」を公開した。Mac OS X v10.5.1およびそれ以降のバージョンを対象として提供される。Intel CPU 64ビット版のみが提供されており、PowerPCベースやIntelでも32ビットベースのプラットフォームでは動作しない。JavaのバージョンとしてはJava SE 6 version 1.6.0_01に相当する。

 AppleはMac OS X Leopardを公開したものの、Leopardに対応したJava SE 6は提供してこなかった。このため、これまではFreeBSD Java 6をOS Xに移植したSoyLatteを使うしかネイティブにJava 6を動かす方法がなかった。

 提供されているプラットフォーム以外でJava 6を動かすには、相変わらずSoyLatteを採用する必要がある。SoyLatteの成果物はBSD Java ProjectやOpenJDKにマージされるとみられており、どちらのプロジェクトも順調に進めば2つの実装系が存在することになりそうだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ