Oracle WebLogic Server

「WebLogicマルチテナント」の実力をNECがOracle OpenWorld 2016で発表! Java Cloud Serviceとの高い“可搬性”を実証。そのメリットとは?

NECはOracle WebLogic Server 12c R2で導入されたマルチテナント機能について、アプリケーションの「可搬性」に関する技術検証を実施。オンプレミス環境とOracle Java Cloud Service間でアプリケーションを容易に移行する方法を発表した。

WebLogic 12cR2とOracle Database 12cのマルチテナント機能でアプリケーションの可搬性が大きく高まる─NTTデータ先端技術が技術検証

NTTデータ先端技術は先頃、「Oracle WebLogic Server 12cR2」と「Oracle Database 12c」のマルチテナント機能について“可搬性”の観点から技術検証を行った。クラウドとの高い親和性を備えるこの機能を、同社はどう評価しているのだろうか。

Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第3回 Java EE 7完全準拠

Oracle WebLogic Server 12cR2の3つ目の目玉となる新機能は「Java EE 7完全準拠」だ。同機能により、企業はいよいよJava EE 7への本格移行を進めることが可能となった。

Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第2回 Continuous Availability

Oracle WebLogic Server 12cR2の第二の目玉となる新機能は「Continuous Availability」だ。同機能により、システムの可用性をさらに高めることが可能となる。

「可搬性は多くの企業にメリットをもたらす」 富士通がWebLogicマルチテナントの有効性を検証で確認

Oracle WebLogic Server 12c R2の最大の特徴である「マルチテナント機能」については現在、国内パートナー企業の間で有効性や活用法を探る技術検証が進められている。その1社である富士通による検証結果を紹介しよう。

Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第1回 マルチテナント

WebLogicの誕生から20周年を迎えた今年、大幅に機能が強化された最新版「Oracle WebLogic Server 12c Release 2」がリリースされた。同バージョンの主要な新機能を3回にわたって紹介する。

クラウド時代のJavaプラットフォームのあり方とは?──2月16日開催のWebLogic 12c R2記念イベントで明らかに

2016年2月16日、日本オラクルは「Oracle WebLogic Server 12c Release 2」のリリース記念イベントを都内で開催する。

Java EE 7、Docker、マルチテナントに対応! 今年、Oracle WebLogic Server 12cは大きく進化する

Java Cloud Service登場! 次期バージョンでマルチテナント化も──Oracle OpenWorld 2014で見えた“WebLogic Serverの近未来”

いざJava EE 7、8へ! Oracle WebLogic Serverを通して広がる開発者の輪──「WebLogic Channelナイト・ミーティング」レポート

Java EE 7/8の新機能を先取り! Oracle WebLogic ServerとOracle Coherenceが12.1.3にバージョンアップ

“超初心者”歓迎! 5月から、WebLogic Server勉強会がJava EE初級者向けカリキュラムをスタート

「どこでも同じ環境を。クラウド時代もOracle WebLogic Serverが企業のアプリケーション資産を保護する」──米国オラクルの担当マネジャーが語る

「10万クライアント環境に耐える高性能」、三菱UFJインフォメーションテクノロジーがWebSocketの性能検証で手応え──Oracle WebLogic Server 12c Forum 2014レポート

「Oracle Linux+Oracle WebLogic Server」で、ITインフラのコストはまだ下がる! コスト面で「Red Hat Enterprise Linux+Red Hat JBoss EAP」を大きく凌駕!!

国産業務アプリケーション製品が続々とOracle WebLogic Serverをサポート。最新のJava/Java EE環境に対応

プライベートも、パブリックも。ハイブリッド・クラウドに向けたWebLogic Serverの進化──Oracle WebLogic Server 12c Forum 2014レポート

Oracle Coherenceとの連携も進化し、WebLogicでの管理が可能に!──Oracle WebLogic Server 12c(12.1.2)の新機能3

WebSocketによる“リアルタイムWebアプリケーション”の構築を支援──Oracle WebLogic Server 12c(12.1.2)の新機能2

Oracle Database 12cとの連携でシステムの可用性がさらに向上──Oracle WebLogic Server 12c(12.1.2)の新機能1

アプリケーション・サーバとデータベースの統合が“Webアプリケーションのリアルタイム化”を実現する

Oracle WebLogic Server 12c Forumレポート

データベースの更新を即座に検知! 12cでさらに進化したメモリグリッドの新機能

Oracle Coherence 12c Forum 2013レポート

WebLogic ServerとCoherence、Oracle Database最新版の緊密な連携が生む新たな価値

Oracle WebLogic Server & Coherence 12c Forumレポート

WebLogicとDatabase 12cの統合に賭けるオラクルのミドルウェア戦略

日本オラクルが発表したクラウドアプリケーション基盤製品群の最新版「Oracle Cloud Application Foundation 12c」。WebLogicとDatabase 12cの統合に努めたオラクルの意図はどこにあるのか。

「データベースへのアクセスを止めない」──WebLogic ServerでOracle RACの障害を検知し、システム停止を防ぐOracle MAA

オラクルが提唱する企業システムの高可用性アーキテクチャ「Oracle Maximum Availability Architecture(MAA)」では、この課題の解消策としてWebLogic Serverの「Active GridLink for RAC」の活用を提案している。その概要、利点を紹介しよう。

8月1日にOracle WebLogic ServerとOracle Coherenceの新版をお披露目。“クラウド時代のアプリケーション基盤”による次世代システム像をデモで紹介

2013年7月11日、オラクルが擁するミドルウェア群が一挙にバージョンアップされ「Oracle Cloud Application Foundation 12c」としてリリースされた。これを記念して、8月1日に東京で2つの特別セミナーが開催される。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーが挑む、企業システムにおける「WebSocket」の活用

2013年5月30日に開催された「オラクル ミドルウェア フォーラム 2013 東京」における同社 黒田雄一氏の講演から、三菱UFJインフォメーションテクノロジーにおけるWebSocket活用の取り組みの概要を紹介する。

WebLogic Serverの活用ノウハウは「WebLogic Server勉強会」で! “WebLogicな人”の輪がますます拡大中!!

日本オラクルは、WebLogic Serverのアプリケーション開発/運用管理に役立つ実用的な知識を提供/共有するための場として「WebLogic Server勉強会」を定期的に開催している。ホスト役を務める日本オラクルの佐々木政和氏(Fusion Middleware事業統括本部)に同勉強会の魅力や今後の予定を聞いた。

Oracle OpenWorld 2012で見えた、WebLogic Server進化の3つのポイント

「Oracle OpenWorld 2012」で明らかにされたWebLogic Serverのロードマップの中から特に注目すべきポイントを、日本オラクルの新井庸介氏(Fusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部製品戦略部担当シニアマネジャー)に聞いた。

本当にTCOが低いのはどちらか!? WebLogic Server vs. JBoss Enterprise Application Platform

「企業システムで使うのなら、TCOもJBoss EAPよりWebLogic Serverが低い」その理由を説明しよう。

今年も数多くのイノベーションがここから! WebLogic Serverの現在と未来──「WebLogic Server 12c Forum 2013」レポート

2013年2月1日に都内で開催された「WebLogic Server 12c Forum 2013」の基調講演の内容から、WebLogic Server 12cの今後のロードマップも含めた最新トピックを紹介しよう。