Oracle Cloud Platform

ユー・エス・イーがe-Gov連携ソリューション「Charlotte」の提供基盤に「Oracle Java Cloud Service」を活用。それによって得たメリットは?

Oracle Cloud Platformには、DevOpsやマイクロサービスを取り入れたクラウド・ネイティブなアプリケーション開発から既存システムのクラウド化まで、アプリケーション開発に対する企業の多様なニーズに応えるサービスが各種用意されている。

DevOpsをクラウドで始める 【後編】──Oracle Cloud Platformで、ここまで自動化&簡単化!

DevOps環境として、「Oracle Cloud Platform」の各サービスにはどのような機能が用意されているのか? 具体的な環境構築などの手順を通じて、その詳細を紹介する。

DevOpsをクラウドで始める 【前編】──必要なものが全て揃ったOracle Cloud Platformがスタートに最適

もはやバスワードの域を脱した“DevOps”。「自社でも始めたいが、その環境構築のノウハウがない…」という企業は「Oracle Cloud Platform」の活用をお勧めする。これを用いたDevOpsの利点と具体的な環境構築のポイントを2回にわたって紹介する。

“持たざる設備&IT”で需要増大に応える──三菱重工航空エンジンが「Oracle Java Cloud Service」の上で加速するサプライヤーとの協業推進

過大な生産設備を抱えることなく、サプライヤーとの協業により増大する需要への対応に努める三菱重工航空エンジン。同社は、この協業促進の要となるポータルの運用基盤に「Oracle Java Cloud Service」を選んだ。

Oracle Cloud Platformのサービスラインアップがさらに拡充。クラウドがもっと身近で手軽なプラットフォームになる!──Oracle OpenWorld 2016発表まとめ

国内企業でも急ピッチで活用が進む「Oracle Cloud Platform」だが、2016年9月に米国サンフランシスコで開催された「Oracle OpenWorld 2016」では、さらなるサービス拡充が発表された。果たして今後、どのようなサービスが登場してくるのか?

コンテナ・クラウドとJavaScriptライブラリで実現する“クラウド・ネイティブ”なアプリケーション開発

「クラウド時代には、それにふさわしい“クラウド・ネイティブ”なアプリケーション開発/実行環境が必要だ」──こうした声に応え、オラクルはクラウド上でのアプリケーション開発に最適化されたサービス/ツール群の提供を開始している。

9/13にハンズオンセミナーを開催! Java CloudとDeveloper CloudによるDevOpsの実践手法を一から学ぼう

Java EEアプリケーション開発へのDevOpsの導入において、その開発基盤として注目されているのがパブリック・クラウドだ。日本オラクルは2016年9月13日、オラクル青山センターにおいて、同社のパブリック・クラウドを利用したDevOps実践のハンズオンセミナーを初開催する。

オンプレミスとパブリック・クラウドのメリットだけが手に入る! 「Oracle Cloud Machine」の衝撃

パブリック・クラウドのメリットは魅力的だが、セキュリティなどの理由から導入できないという企業は少なくない。そうした企業に向け、オラクルはパブリック・クラウドのシステム基盤を社内データセンターに置いて使える「Oracle Cloud Machine」の提供を開始した。

セキュリティもOK! Oracle Java Cloud Serviceの実力をPSソリューションズが検証

Oracle WebLogic Serverのパブリック・クラウド版「Oracle Java Cloud Service」について、ソフトバンク・グループのPSソリューションズがさらなる検証を実施した。今回のテーマは、多くの企業が関心を寄せる「セキュリティ」だ。

Java SEやNode.js、PHP、Ruby、Pythonに対応! Dockerベースのアプリケーション開発PaaSはどこが凄い?

オラクルのPaaS「Oracle Cloud Platform」に、Java SEやNode.js、PHP、Ruby、Pythonなどの軽量な開発技術に対応したコンテナ型のアプリケーション開発/実行環境が登場した。

オンプレミスと遜色なしのスケーラビリティ! Oracle Java Cloud Serviceの実力をPSソリューションズが検証

Oracle WebLogic Serverのクラウド版「Oracle Java Cloud Service」は、期待に応えるスケーラビリティを備えているのか? ソフトバンク・グループのPSソリューションズが検証を行った。

12月8日、9日は「Oracle Cloud Days Tokyo」へ! Oracle WebLogic Server新版と新クラウド・サービスの詳細が明らかに!!

日本オラクルは2015年12月8日~9日の2日間にわたり、同社のクラウド・ソリューションとユーザー企業の活用事例を一挙に披露する大型イベント「Oracle Cloud Days Tokyo」を都内で開催する。

フリートライアル実施中! Oracle Java Cloud Service──【後編】 Oracle Developer Cloud Serviceで継続的インテグレーションを今すぐ始める

Oracle Java Cloud Serviceを使うメリットの1つは、チーム開発環境「Oracle Developer Cloud Service」を無償で利用可能なことだ。

フリートライアル実施中! Oracle Java Cloud Service──【前編】 改めて、Java Cloudってどんなサービス?

日本オラクルは現在、Oracle WebLogic Serverをパブリック・クラウドで提供する「Oracle Java Cloud Service」を30日間無償で利用できるフリートライアルを実施している。

オラクルのPaaSが大幅拡充! 「Oracle Java Cloud Service」がアプリケーション・モダナイゼーションに最適なプラットフォームに!

日本オラクルは2015年7月、「Oracle Cloud Platform」のサービス拡充を発表した。多様なサービスにより、既存アプリケーションのモダナイゼーションがさらに容易になったのだ。

企業のIoT活用がクラウドで加速。多様なデバイスとバックエンド・システムの連携を容易にする「Oracle IoT Cloud Service」

企業がIoT(Internet of Things)を活用したビジネスを検討する際に大きな課題となるのが、多様なデバイスと自社システムを連携させるためのIT環境の整備だ。

クラウド上でJava SEアプリをチーム開発! Java Flight Recorderも使えるOracle Java SE Cloud Service

クラウド上でチーム開発! 継続的インテグレーションを取り込んだ分散開発環境をスピーディかつ手軽に導入できるOracle Developer Cloud Service

WebLogicをパブリック・クラウドで使う--開発責任者が語るOracle Java Cloud Serviceの魅力、海外企業の活用事例

Oracle WebLogic Serverを利用する企業に最適なパブリック・クラウドは何か? オラクルの「Oracle Java Cloud Service」だ。

Javaクラウドからモバイル、IoTクラウドまで、Oracle Cloudのすべてがわかる!--2015年4月9日~10日「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」開催!

日本オラクルは2015年4月9日(木)~10日(金)の2日間にわたり、東京国際フォーラムで同社クラウド・サービス群を披露する一大イベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」を開催する。