新着記事

ユー・エス・イーがe-Gov連携ソリューション「Charlotte」の提供基盤に「Oracle Java Cloud Service」を活用。それによって得たメリットは?

Oracle Cloud Platformには、DevOpsやマイクロサービスを取り入れたクラウド・ネイティブなアプリケーション開発から既存システムのクラウド化まで、アプリケーション開発に対する企業の多様なニーズに応えるサービスが各種用意されている。

Java EEを“クラウド・ネイティブ”にするために必要なこと──開発責任者のアニール・ガー氏が語った

クラウド時代を支えるプラットフォームとなるために、Java EEはどうあるべきか──2016年12月に都内で開催されたイベントのために来日したJava EE開発責任者のアニール・ガー氏が、日本の開発者に直接説明した。

「WebLogicマルチテナント」の実力をNECがOracle OpenWorld 2016で発表! Java Cloud Serviceとの高い“可搬性”を実証。そのメリットとは?

NECはOracle WebLogic Server 12c R2で導入されたマルチテナント機能について、アプリケーションの「可搬性」に関する技術検証を実施。オンプレミス環境とOracle Java Cloud Service間でアプリケーションを容易に移行する方法を発表した。

ニュース

Javaが拓く“Internet of Things”の可能性

日本オラクルとZDNet Japanが実施したイベントで、オラクルがIoTを実現していくうえでの全体像と具体的なオラクルの技術を関連づけて解説した。

Oracle DBとの連携を強化したWebLogic--運用管理で改善されたCoherence

トレーニングイベント「Oracle DBA & Developer Day 2013」が開催された。Fusion Middleware関連では「WebLogic」「Java Flight Recorder」「Coherence」についてのセッションが設けられた。

ドコモのALADIN--日本最大級の顧客情報管理システムに見るWebLogic活用法

日本オラクルは10月22日と23日の2日間、プライベートイベント「Oracle Days Tokyo 2013」を開催した。ここでは、23日に実施された「WebLogic Server」に関するセッション「Oracle WebLogic Server最新情報+NTTドコモ『ALADIN』での活用事例」の模様を伝える。

「Java EE 7」の本格導入に向け、今は新機能への理解を深める時

「Java EE 7」が正式にリリースされ、先頃、Javaの動向などに関連した説明会が開催された。Javaの最新動向を見てみよう。

マルチコア時代のCPUリソースを有効活用--Java EE 7で進化した並列処理を理解する

6月にリリースされるJava EE 7では、新たな並列処理機能として「Concurrency Utilities for Java EE」が搭載された。ここでは、この新しい並列処理機能について紹介する。

Java EEの進化を取り込んで保守性と生産性を高めよ!--Javaシステムでの“モダナイゼーション”の在り方

「Java Day Tokyo 2013」の午後に開かれたセッション「エスケイプ・フロム・レガシーJ2EE」の内容を紹介しながら、「Java EE」時代のアプリケーション開発手法について考えてみたい。

Oracle WebLogic Server

Oracle WebLogic Server 関連製品

Oracle Cloud Platform

Java SE

Java EE

トピックス