Oracle WebLogic

「WebLogicマルチテナント」の実力をNECがOracle OpenWorld 2016で発表! Java Cloud Serviceとの高い“可搬性”を実証。そのメリットとは?

NECはOracle WebLogic Server 12c R2で導入されたマルチテナント機能について、アプリケーションの「可搬性」に関する技術検証を実施。オンプレミス環境とOracle Java Cloud Service間でアプリケーションを容易に移行する方法を発表した。

WebLogic 12cR2とOracle Database 12cのマルチテナント機能でアプリケーションの可搬性が大きく高まる─NTTデータ先端技術が技術検証

NTTデータ先端技術は先頃、「Oracle WebLogic Server 12cR2」と「Oracle Database 12c」のマルチテナント機能について“可搬性”の観点から技術検証を行った。クラウドとの高い親和性を備えるこの機能を、同社はどう評価しているのだろうか。

Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第3回 Java EE 7完全準拠

Oracle WebLogic Server 12cR2の3つ目の目玉となる新機能は「Java EE 7完全準拠」だ。同機能により、企業はいよいよJava EE 7への本格移行を進めることが可能となった。

Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第2回 Continuous Availability

Oracle WebLogic Server 12cR2の第二の目玉となる新機能は「Continuous Availability」だ。同機能により、システムの可用性をさらに高めることが可能となる。

「可搬性は多くの企業にメリットをもたらす」 富士通がWebLogicマルチテナントの有効性を検証で確認

Oracle WebLogic Server 12c R2の最大の特徴である「マルチテナント機能」については現在、国内パートナー企業の間で有効性や活用法を探る技術検証が進められている。その1社である富士通による検証結果を紹介しよう。

Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第1回 マルチテナント

WebLogicの誕生から20周年を迎えた今年、大幅に機能が強化された最新版「Oracle WebLogic Server 12c Release 2」がリリースされた。同バージョンの主要な新機能を3回にわたって紹介する。

金融サービスにFinTechの波。これからのシステム開発に求められるテクノロジー/システム基盤とは?

金融系システムの世界に「FinTech」の波が押し寄せている。消費者との関係強化を目指したスピーディなサービス提供と高い可用性/保守性を両立させるには、どのようなテクノロジー/システム基盤が必要なのか?

クラウド時代のJavaプラットフォームのあり方とは?──2月16日開催のWebLogic 12c R2記念イベントで明らかに

2016年2月16日、日本オラクルは「Oracle WebLogic Server 12c Release 2」のリリース記念イベントを都内で開催する。

企業のモバイル・アプリもJavaで作る! Oracle Mobile Application Framework--【後編】使い慣れたIDEでサクサク開発。豊富なUIコンポーネントで業務データを可視化

業務アプリケーションのモバイル化を推進するために誕生したオラクルの「Oracle Mobile Application Framework」では、どのようにしてモバイル・アプリケーションを開発するのか?

企業のモバイル・アプリもJavaで作る! Oracle Mobile Application Framework--【前編】既存のスキル/資産を生かし、効率的にモバイル化を推進できる理由

全世界で100万台超の複合機が接続! キヤノンはグローバルIoT基盤の構築でオラクルのミドルウェアをどう活用したのか?

高性能、高集約は当たり前! 楽天の技術理事が教える「Oracle Exalogicだからこそ可能なDevOpsの実践方法」

使わにゃ損! 3つのトラブル事例で知る「Java Flight Recorder」の威力--Oracle WebLogic Serverとの組み合わせは特に強力

オラクルがOracle WebLogic ServerやJava SE Advancedのユーザーに提供している「Java Flight Recorder」は、通常なら迷宮入りしてしまうようなトラブルの原因も究明できる強力なツールだ。

Java EE 7、Docker、マルチテナントに対応! 今年、Oracle WebLogic Server 12cは大きく進化する

Oracle Mobile Solutionなら、一度書いたJavaアプリがiOSとAndroidでそのまま動く。企業に必須のセキュリティ、デバイス管理の機能も完備

Java Cloud Service登場! 次期バージョンでマルチテナント化も──Oracle OpenWorld 2014で見えた“WebLogic Serverの近未来”

いざJava EE 7、8へ! Oracle WebLogic Serverを通して広がる開発者の輪──「WebLogic Channelナイト・ミーティング」レポート

Java EE 7/8の新機能を先取り! Oracle WebLogic ServerとOracle Coherenceが12.1.3にバージョンアップ

肝は「スケーラブルなアーキテクチャ」と「水平型の設計」──先進事例で見えてきたIoTサービスの実現に必要な考え方

ハイブリッド・クラウドとJavaが、クラウド/IoT時代に企業のアプリケーション資産価値を最大化する──「オラクル ミドルウェア フォーラム 2014」レポート

インフラ更改時の大きな負担「テストのコスト」をどう下げる? 「自動化」と「スピーディな障害解析」が、かなり効く

IoT、クラウド時代を支えるアプリケーション基盤へ──Java EE、Oracle WebLogic Serverが進む先

今、ミドルウェアがスピード経営の強力な武器になる! その具体策は6月10日開催の「オラクル ミドルウェア フォーラム 2014」で!!

“超初心者”歓迎! 5月から、WebLogic Server勉強会がJava EE初級者向けカリキュラムをスタート

「どこでも同じ環境を。クラウド時代もOracle WebLogic Serverが企業のアプリケーション資産を保護する」──米国オラクルの担当マネジャーが語る

「10万クライアント環境に耐える高性能」、三菱UFJインフォメーションテクノロジーがWebSocketの性能検証で手応え──Oracle WebLogic Server 12c Forum 2014レポート

「Oracle Linux+Oracle WebLogic Server」で、ITインフラのコストはまだ下がる! コスト面で「Red Hat Enterprise Linux+Red Hat JBoss EAP」を大きく凌駕!!

国産業務アプリケーション製品が続々とOracle WebLogic Serverをサポート。最新のJava/Java EE環境に対応

プライベートも、パブリックも。ハイブリッド・クラウドに向けたWebLogic Serverの進化──Oracle WebLogic Server 12c Forum 2014レポート

Javaが切り開く “Internet of Things”の可能性──【後編】デモで実感! IoTプラットフォームの実装技術がJavaであるべき理由

Javaが切り開く “Internet of Things”の可能性──【前編】求められるアーキテクチャと、それを実現するJava&オラクル・テクノロジー

オラクルのアーキテクトが教える、Oracle Coherenceの能力をフルに引き出すアーキテクチャ設計のポイント──Oracle DBA & Developer Day 2013レポート

Webアプリ開発の常識が変わる? 三菱UFJインフォメーションテクノロジーがWebSocketの性能を徹底検証! “WebLogicクラウド”構想も明らかに──1月31日はOracle WebLogic Server 12c Forumへ!!

Oracle Coherenceとの連携も進化し、WebLogicでの管理が可能に!──Oracle WebLogic Server 12c(12.1.2)の新機能3

ファストデータ活用でNTTコミュニケーションズのネットワーク・サービスの品質向上を支える「リアルタイム・ダッシュボード」とは?──Oracle Days 2013レポート

WebSocketによる“リアルタイムWebアプリケーション”の構築を支援──Oracle WebLogic Server 12c(12.1.2)の新機能2

Oracle Database 12cとの連携でシステムの可用性がさらに向上──Oracle WebLogic Server 12c(12.1.2)の新機能1

今、世界で最も速いJavaアプリケーション実行基盤は「Oracle SuperCluster T5-8」

アプリケーション・サーバとデータベースの統合が“Webアプリケーションのリアルタイム化”を実現する

Oracle WebLogic Server 12c Forumレポート

データベースの更新を即座に検知! 12cでさらに進化したメモリグリッドの新機能

Oracle Coherence 12c Forum 2013レポート

WebLogic ServerとCoherence、Oracle Database最新版の緊密な連携が生む新たな価値

Oracle WebLogic Server & Coherence 12c Forumレポート

WebLogicの最速実行環境! ミドルウェア・マシン「Oracle Exalogic Elastic Cloud」の魅力【後編】

Oracle ExalogicがWebLogic Serverの実行基盤としていかに最適化され、アプリケーション実行環境として、また仮想環境として高い性能を発揮するのかを説明する。

WebLogicの最速実行環境! ミドルウェア・マシン「Oracle Exalogic」の魅力【前編】

Oracle Exalogicが今日の企業にもたらすメリットは何か? 他のサーバ製品に対して技術面でどのような優位性を備えるのか? 2回にわたって説明する。

「データベースへのアクセスを止めない」──WebLogic ServerでOracle RACの障害を検知し、システム停止を防ぐOracle MAA

オラクルが提唱する企業システムの高可用性アーキテクチャ「Oracle Maximum Availability Architecture(MAA)」では、この課題の解消策としてWebLogic Serverの「Active GridLink for RAC」の活用を提案している。その概要、利点を紹介しよう。

8月1日にOracle WebLogic ServerとOracle Coherenceの新版をお披露目。“クラウド時代のアプリケーション基盤”による次世代システム像をデモで紹介

2013年7月11日、オラクルが擁するミドルウェア群が一挙にバージョンアップされ「Oracle Cloud Application Foundation 12c」としてリリースされた。これを記念して、8月1日に東京で2つの特別セミナーが開催される。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーが挑む、企業システムにおける「WebSocket」の活用

2013年5月30日に開催された「オラクル ミドルウェア フォーラム 2013 東京」における同社 黒田雄一氏の講演から、三菱UFJインフォメーションテクノロジーにおけるWebSocket活用の取り組みの概要を紹介する。

WebLogic Serverの活用ノウハウは「WebLogic Server勉強会」で! “WebLogicな人”の輪がますます拡大中!!

日本オラクルは、WebLogic Serverのアプリケーション開発/運用管理に役立つ実用的な知識を提供/共有するための場として「WebLogic Server勉強会」を定期的に開催している。ホスト役を務める日本オラクルの佐々木政和氏(Fusion Middleware事業統括本部)に同勉強会の魅力や今後の予定を聞いた。

Oracle OpenWorld 2012で見えた、WebLogic Server進化の3つのポイント

「Oracle OpenWorld 2012」で明らかにされたWebLogic Serverのロードマップの中から特に注目すべきポイントを、日本オラクルの新井庸介氏(Fusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部製品戦略部担当シニアマネジャー)に聞いた。

本当にTCOが低いのはどちらか!? WebLogic Server vs. JBoss Enterprise Application Platform

「企業システムで使うのなら、TCOもJBoss EAPよりWebLogic Serverが低い」その理由を説明しよう。

今年も数多くのイノベーションがここから! WebLogic Serverの現在と未来──「WebLogic Server 12c Forum 2013」レポート

2013年2月1日に都内で開催された「WebLogic Server 12c Forum 2013」の基調講演の内容から、WebLogic Server 12cの今後のロードマップも含めた最新トピックを紹介しよう。