Java EE

Java EEを“クラウド・ネイティブ”にするために必要なこと──開発責任者のアニール・ガー氏が語った

クラウド時代を支えるプラットフォームとなるために、Java EEはどうあるべきか──2016年12月に都内で開催されたイベントのために来日したJava EE開発責任者のアニール・ガー氏が、日本の開発者に直接説明した。

「Java EEをクラウド時代のプラットフォームとして大きく発展させる」 Java EE 8の変更、Java EE 9を新たに提案──JavaOne 2016基調講演まとめ

2016年9月に開催された「JavaOne 2016」で世界中の注目を集めたのが、オラクルによるJava EE 8の変更提案およびJava EE 9に関する提案の発表だ。基調講演の内容を基に、その概要を紹介する。

企業のアプリケーション開発担当者は必聴! 12月2日は「Javaで創るクラウド時代のエンタープライズ開発」へ──Java EEに対するオラクルの最新提案をアニール・ガー氏が解説

日本オラクルは2016年12月2日、都内で「Javaで創るクラウド時代のエンタープライズ開発 ~マイクロサービス、DevOpsとJavaの最新動向~」を開催する。米国オラクルからJava EEの責任者を務めるアニール・ガー氏を招聘して催される同セミナーの聴き所を紹介する。

国内企業の事例で知る、Java EEマイグレーションの最適アプローチ

開発生産の向上やコスト削減、セキュリティ・リスクの低減などを目的に、旧式化したJ2EEや独自開発のフレームワークからJava EEに移行する企業が国内でも増加している。移行の際には何に留意し、どのように作業を進めればよいのだろうか?

Java EE 7 jBatchの使い方──『Java EE 7徹底入門』番外編 第3回

Java EE 7で新たに導入された待望のバッチ処理機能「jBatch」。その基礎、使用に際しての注意点を『Java EE 7徹底入門』の著者が解説する。

Java EE 7 CDIを使う際の注意点──『Java EE 7徹底入門』番外編 第2回

Java EE 7のビジネスロジック開発技術であるCDI(Contexts and Dependency Injection)を使う際には、いくつか注意すべきポイントがある。『Java EE 7徹底入門』の著者が解説する。

Java EE 7 プレゼンテーション層のキホン──『Java EE 7徹底入門』番外編 第1回

企業システム開発の標準フレームワークとして大きく進化したJava EE 7。そのプレゼンテーション層を担う「JSF 2.2」とは、どのような技術なのか? 昨年末に刊行された書籍『Java EE 7徹底入門』の著者が解説する。

Java EE開発における“リアクティブ・プログラミング”の実践

近年、アプリケーションの応答性やリソース使用効率を高める「リアクティブ・プログラミング」の重要性が高まっている。

初めてのJPA--シンプルで使いやすい、Java EEのデータ永続化機能の基本を学ぶ

Java EE 8でエンタープライズJava開発はどう変わるのか?--リンダ・デミケル氏が語る

東京ガス・グループの事例に学ぶ、Java EE 7で社内標準フレームワークを再構築する際の勘所

2015年、エンタープライズJava開発はどう変わる?──トップ・アーキテクト、エバンジェリストらが語る

2015年2月5日に「エンタープライズJavaセミナー」開催! アーキテクト、プロジェクト・マネジャーは参加必須!!

日本オラクルは2015年2月5日、都内で「エンタープライズJavaセミナー 2015」を開催する。

Java EE 7とJavaScript/HTML5による次世代のリッチ・クライアント開発──Java EEエバンジェリストのレザ・ラーマンが展望を語る

ビジネス層、永続化層をどう移すか?──Javaコンサルタントが語る、J2EEからJava EE 7への移行のポイント【後編】

JBoss SeamからJSF 2へ──Javaコンサルタントが語る、J2EEからJava EE 7への移行のポイント【前編】

楽天のアーキテクトが説く、J2EEからJava EEへの移行を“今すぐ"始めるべき理由

Java EE 7はどこが変わった? そしてJava EE 8はどう変わる?──Java EEエバンジェリストのレザ・ラーマンが語る

初めてのJava EE 6──第3回 ビジネス層と永続化層の開発にEJB、JPA使う理由

「顧客ニーズへの柔軟かつ速やかな対応」、「開発環境のカイゼン」──Java EE 6の採用で構造計画研究所が得たメリット

初めてのJava EE 6──第2回 プレゼンテーション層はJSFで作る

初めてのJava EE 6──第1回 Java EEとは、どのようなフレームワークか?

CDIが業務システム開発にもたらすメリットとは? EJBとの使い分けは?──最新Java EE開発“虎の穴” 第3回 上妻宜人氏

ビジネスの将来を託すIT基盤を何で作るか? ITRのアナリストが語るITアーキテクチャの重要性と、Java/Java EEの揺るがぬ価値

いざStrutsからJSF 2へ! 移行における最大のポイントは?──最新Java EE開発“虎の穴” 第2回 岩崎浩文氏

JSF 2への第一歩──その基本と、オンラインで読める参考ガイド/チュートリアル

初めてのJava EE 6開発! 最初の壁をどう乗り越えた?──最新Java EE開発“虎の穴” 第1回 菊田洋一氏

待望のバッチ処理機能がJava EE 7で標準化。「jBatch」で何ができるのか、どう使うのか?

Struts 2の脆弱性を突いたサイバー攻撃が頻発! その理由は? 企業がとるべき対策は?

Java EE 7でさらに使いやすく、便利になったJSF 2.2、CDI 1.1、EL 3.0の主な強化ポイント

三菱UFJのアーキテクトとアリエルのCTOが本音で語る、Java EE 6への取り組み方と導入効果、そしてJava EE 7の価値 【後編】

世界のトレンドはJava SE 7 / Java EE 6 オラクルユニバーシティで 最先端のJavaエンジニアを目指す!

三菱UFJインフォメーションテクノロジーのアーキテクトとアリエルのCTOが本音で語る、Java EE 6への取り組み方と導入効果、そしてJava EE 7の価値 【前編】

Java EE 7は何がどう新しくなったのか? 習得の近道は?──先行者からのアドバイス

楽天とオラクルのアーキテクトが本音で語る、「Java EE 6導入を推進するうえでのポイントと導入効果」

ときは今!Java EE活用価値の再発見を

完成度を増す標準Javaフレームワーク--半日集中セミナーで、使う「利」、使わざる「リスク」を知る

Java EE 7で並列処理がケタ違いに速くなる! 使いこなしのポイントは?──Java Day Tokyo 2013レポート

2013年5月14日に開催された「Java Day Tokyo 2013」における日本オラクルのJavaエバンジェリスト、寺田佳央氏(製品事業統括 Fusion Middleware事業統括本部)の講演より、Concurrency Utilities for Java EEを使ううえでのポイント、注意点を紹介しよう。

最新Java EE環境への一刻も早い移行が、企業のエンタープライズ開発を危機から救う──Java Day Tokyo 2013レポート

2013年5月14日に開催された「Java Day Tokyo 2013」では、日本オラクルの大橋勝之氏が「エスケイプ・フロム・レガシーJ2EE」と題して講演を行い、旧来のJava EEから最新のJava EEへの移行が求められる理由と、それによるメリットについて解説した。