「WebLogicマルチテナント」の実力をNECがOracle OpenWorld 2016で発表! Java Cloud Serviceとの高い“可搬性”を実証。そのメリットとは?

Oracle Java & Developers編集部
2016-12-22 10:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーティションはコマンドでも操作できる。「管理効率の向上」、「DevOps環境の構築」などに有効


NEC クラウドプラットフォーム事業部主任 柏木直人氏

 今回の検証では、アプリケーション移行のコスト比較に加えて、ドメイン・パーティションの移行に関するコマンドが正しく動作するかどうかのチェックも行われた。

 システム管理の効率化、あるいは企業の関心が高まっているDevOps環境の構築を見据えた場合、他のツールと連携するためのコマンド呼び出しが重要なポイントとなる。

 Oracle WebLogic Server 12c R2では、マルチテナント(ドメイン・パーティション)への対応に伴い、パーティションの操作を行うための各種機能(コマンド)が追加された。牧田氏らは、この新たに追加されたコマンド群について、GUIを経由しないコマンド・ベースでの操作が行えるかどうかを検証した。その結果、「Create/Delete」、「Export/Import」、「Start/Shutdown」といった全てのコマンドが問題なく動作したという。

 「既存の機能も、またパーティション操作に関連して新たに追加された機能も、全てがコマンドを通じて操作できました。これはOracle Java Cloud Serviceについても同様であり、スクリプトによるオンプレミス/クラウド間での双方向の移行作業がコマンドの組み合わせで問題なく行えることを確認しました」(牧田氏)


※クリックすると拡大画像が見られます

 これらの結果を踏まえ、NECはWebLogicマルチテナントがオンプレミス/クラウド間を含むアプリケーションの柔軟な移行を実現するものであることが実証されたとしている。

 なお、今回の検証はアプリケーション層にフォーカスしたものだが、今後はOracle Databaseのマルチテナント機能(Oracle Multitenant)についても併せて検証を行い、アプリケーションとデータの双方をクラウドも含めた他の環境へと容易に移行できるソリューションの開発につなげていきたいという。

 また、WebLogicマルチテナントについても、今後のバージョンで強化が予定されている「アプリケーション分離性」や「権限分離などのセキュリティ管理」といった側面について、引き続きNECとオラクルは共同で検証を進めていく予定だ。


※クリックすると拡大画像が見られます

クラウドと親和性の高いマルチテナントを、高可用性、柔軟性、俊敏性を併せ持つ新ソリューションの核に

 前述のように、NECはOracle WebLogic ServerやOracle Databaseによる高可用システムの構築に関して高い技術力と豊富な実績を有する。そんな同社の顧客企業の中には、高可用性とともに、クラウドが持つ高い柔軟性やコスト効率、またDevOps環境がもたらすソフトウェア価値の向上に対して関心を高めている企業が多い。

 柏木氏は、「従来の技術では、クラウドを併用したDevOps環境などを高可用アーキテクチャと共存させようとすると非常に大規模なシステムとなり、実現が難しいケースもありました。しかし、Oracle WebLogic ServerとOracle Databaseのマルチテナント対応が進んだことで、今後は高い可用性と柔軟性、コスト効率を備えたDevOps環境を構築できると感じています」と話す。

 これまでは、システムの安定性を重視し、古いバージョンのJava EEをベースにしたOracle WebLogic Serverを使い続ける企業が珍しくなかった。だが、そうした企業の間でも、マルチテナントやクラウドといった新技術が可能にする柔軟性や集約性の向上、高コスト効率といったメリットへの関心が急速に高まっている。

 自社技術/製品のマルチテナントおよびクラウドへの対応強化を進めるオラクルと、ユーザー企業のシステム構築に関する豊富な実績に裏打ちされた高い技術力を有するNECの強いパートナーシップは、そうした企業にとって心強い後ろ盾となるだろう。NECは今後、高可用性と両立するマルチテナントやクラウドのメリットを訴求しながら、これまでの実績や技術検証の成果を取り入れたソリューションを積極的に開発していく計画だ。

 「Oracle OpenWorldにおける4年連続の講演も通じて、オラクルの技術を使って高いサービス継続性と可用性を実現するシステムを構築するノウハウに関し、NECは世界的に高い水準を有すると自負しています。今後は、クラウドやマルチテナントも組み込んだ新たなソリューションをお客様にご提供していくために、引き続きオラクルとの協業を深めていきたいと考えています」(柏木氏)