Oracle WebLogic Server 12cR2新機能詳説──第2回 Continuous Availability

Oracle Java & Developers編集部
2016-07-29 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔軟なトポロジーをサポートするマルチデータセンター構成

 Continuous Availabilityでは、次の3つのパターンのマルチデータセンター構成をサポートしており、アプリケーションに合わせて柔軟に構成を選択できるようになっている。

  • アプリケーション層:Active/Passive構成、データベース層:Active/Passive構成
  • アプリケーション層:Active/Active構成/データベース層:Active/Passive構成
  • アプリケーション層:Active/Active Stretch Cluster構成/データベース層:Active/Passive構成

※クリックすると拡大画像が見られます

 Oracle WebLogic Server 12cR2では、これらの構成の実現を支えるために、新たに次のような機能が追加されている。

クロスドメインでのトランザクション・リカバリ

 Active/Active構成のクロスドメイン間でトランザクションを複製することにより、特定のドメイン(サイト)で障害が発生した際、別のドメイン上でXAトランザクションを自動復旧させることができる。

複数データセンター間でのCoherence Federated Caching

 Oracle Coherenceがアップデートされ、複数データセンター間におけるデータグリッド内のデータ更新を、競合を解消しながら複製できるようになった、これにより、マルチデータセンター構成でデータグリッドの整合性と可用性を高めることが可能となる。

Oracle Traffic Director

 OTDは高い性能と可用性を誇るHTTP/HTTPS、TCP/TCPS用のスケーラブルなソフトウェア・ロードバランサーである。バックエンドのOracle WebLogic Serverの稼働状況に合わせて自動的にトラフィックのルーティングを変更することで、パッチ適用時やパーティション移行時にも最適なルーティングとロード・バランシングを実現する。また、OTD自身もHA構成をとることができる。

Oracle Site Guard

 Oracle Site Guardは、サイトの障害や切り替えに関連した操作を簡単に行えるようにするツールだ。サイトの停止や起動に加えて、スイッチオーバーやフェールオーバーの自動化にも対応している。これにより、災害発生時でもシステム全体を自動的に復旧することが可能になる。

 以上、今回はOracle WebLogic Server 12cR2の新機能であるContinuous Availabilityの詳細を紹介した。Oracle WebLogic Serverは従来のバージョンでもOracle Coherenceとの連携などによる高可用性機能が提供されていたが、12cR2ではOTDの強化やマルチテナント機能との組み合わせにより、ビジネス継続性に対するさらに厳しい要件に対応可能となった。ミッション・クリティカルな業務を支えるアプリケーション実行基盤として、また大きく成長したわけである。次回は、Oracle WebLogic Server 12cR2の3つ目の目玉機能であるJava EE 7対応の概要を紹介する。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]