「可搬性は多くの企業にメリットをもたらす」 富士通がWebLogicマルチテナントの有効性を検証で確認

Oracle Java & Developers編集部
2016-07-05 14:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PWMとリソース消費マネージャを駆使したチューニングで「集約性」はより高まる

 金子氏は、今回の検証について、「あくまでもWebLogic Serverマルチテナントが、オラクルの触れ込みどおりに機能することを確認した段階」とし、実際に顧客企業への提案や本番環境への導入を進める際には、より多くの観点から検証が必要だと話す。

 例えば、「集約性」に関する検証では、「特別なチューニングやアプリケーションの改修を行わなくても、オラクルの主張に沿った結果が簡単に出た」(金子氏)点を評価する一方で、「その分、ドメイン管理に関する処理が重たくなっているのではないか」との印象も持ったと明かす。

 この点について、日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部 プリンシパルセールスコンサルタントの柳原伸弥氏は、「(WebLogic Serverマルチテナントにより)近年、活用が進んでいるDockerなどの軽量コンテナとOracle WebLogic Serverが張り合える段階に来ているのではないかと期待している」としたうえで、次のように語った。


日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部 プリンシパルセールスコンサルタントの柳原伸弥氏

 「エンタープライズ・アプリケーションの実行基盤であるため、ドメイン管理部分に求められる堅牢性を担保する都合から動作が重くなってしまう傾向は確かにあります。ただし、マルチテナント対応により、その上で動作する個々のアプリケーション(テナント)についてはシンプルで軽い動作が実現されています。今回は、特にチューニングなどを行わずに検証していただきましたが、アプリケーションの特性に応じたチューニングを施すことで、集約時の使用リソースをさらに削減できる可能性があります。今後は、富士通様などアプリケーション構築まで行われているITベンダーの皆様と協力してチューニングのベスト・プラクティスを蓄積し、広く共有していきたいと考えています」

 また、「分離性」に関しては、スレッド数の制御を行うPWMを使うほかに、「リソース消費マネージャ」によってテナントごとのリソース制御を行うこともできる。富士通による検証でも、当初はリソース消費マネージャの「フェアシェアポリシー」によるリソース制御を試みたが、使用した検証環境では大きな差が見られなかったため、PWMによるスレッド数制御を使う方針に切り替えている。これについて、柳原氏は検証に使用したサンプル・アプリケーション(MedRec)の特性の影響を指摘する。

 「MedRecは、Oracle WebLogic Server内での処理があまり滞留しない作りとなっている、言ってみれば『負荷を掛けづらいアプリケーション』です。アプリケーションの内部でどのような処理を行っているのかにより、CPUやメモリ、I/Oなどのリソースの消費状況は変わってきます。異なる処理特性を持った複数のアプリケーションを集約する際には、PWMだけでなく、リソース消費マネージャも併用してチューニングすることで、より効果的な集約が可能になるはずです」(柳原氏)

多くの企業にメリットが大きい「可搬性」がマルチテナント普及の鍵か

 今回の検証を通じて、金子氏がユーザーにとって特にメリットが大きいと感じたのは、WebLogic Serverマルチテナントの「可搬性」だという。

 「アプリケーションを構築する際には、開発、テスト、本番の各フェーズ向けに複数の環境を作る必要があります。その際、どのように作っているのかと言えば、大半は一から構築しているのが実情であり、この作業に数日から数週間の期間を要しています。WebLogic Serverマルチテナントを使えば、テナントのインポート/エクスポートによって環境を複製できるため、この期間を大きく短縮できる点は非常に魅力的です。

 そのほか、既存のアプリケーション環境を集約する場合なども、WebLogic Serverマルチテナントの可搬性の高さにより、移行作業のハードルが大きく下がるでしょう。まずは『可搬性』の特徴を生かした活用法から取り組むことで、WebLogic Serverマルチテナントのメリットを強く実感していただけるのではないでしょうか」(金子氏)

 なお、開発/テスト環境の構築に際しての“環境の複製”に関して、今日ではサーバ仮想化製品などに備わるクローニング機能によって仮想マシンごと複製する方法が広く用いられている。ただし、この機能を使う場合はOSなども含めてギガバイト単位のファイルを複製しなければならないケースが多く、作業時間や必要なディスク容量が膨らみがちだ。金子氏は、それに対するWebLogic Serverマルチテナントの優位性も強調する。

 「WebLogic Serverマルチテナントを使えば、複製するデータの量を数メガバイト程度にまで抑えられますし、テナントの移動に伴う複数のリソース定義もグループ化し、一度の操作でコピーできます。このシンプルさは、オペレーション・ミスを減らせるという点でも効果的だと感じています」(金子氏)

 こうした「可搬性」のメリットは、Oracle WebLogic Serverのパブリック・クラウドである「Oracle Java Cloud Service」を併せて使うことで、さらに高まると柳原氏は説明する。

 「Oracle Java Cloud Serviceでは、Oracle WebLogic Serverが立ち上がった状態でサービスが提供されるため、環境構築の時間をさらに大きく削減できます。『開発と運用のサイクルをスピーディに回す』、『アプリケーション基盤を準備する時間を最短化する』といった面からも、クラウドとWebLogic Serverマルチテナントの相乗効果には期待できると思います」(柳原氏)

集約性の向上により、システム基盤にはより高い信頼性が求められる

 金子氏は今回の検証により、WebLogic Serverマルチテナントの「集約性」、「分離性」、「可搬性」といった特徴が、サーバ・マシンの有効活用に大きく寄与する可能性を確認できたと考えている。富士通は現在、オラクルの認証を受けた基幹サーバ製品として、ハードウェア・ベースの動的パーティション変更などに対応したIAサーバ「PRIMEQUEST 2000シリーズ」を展開している。

 「今回の検証により、WebLogic Serverマルチテナントによるアプリケーション集約の有効性を確認できましたが、実際に集約率を高めた環境では、それを支えるサーバ・マシンに求められる信頼性や性能の要件は、より厳しくなると予想されます。PRIMEQUEST 2000シリーズでは、IAサーバ製品でありながら、メインフレーム製品と同等レベルの部品選別や出荷試験の体制を通じて、基幹システムとしての利用に堪える品質を確保しています。また、主要なコンポーネントについては徹底的な二重化を図り、高い信頼性を実現しています。

 今後は、WebLogic Serverマルチテナントによるアプリケーション集約にふさわしい性能を備えたシステム基盤として、Oracle WebLogic Server 12c R2とPRIMEQUEST 2000シリーズの組み合わせについてもさらなる検証を進め、お客様に対して積極的に提案できる体制の構築を検討していきたいと思います」(金子氏)


※クリックすると拡大画像が見られます

 以上、ここでは富士通が実施したWebLogic Serverマルチテナントの検証結果を紹介した。同機能の有効性は、オラクル製品を用いたミッション・クリティカル・システムの構築/運用に関して豊富な実績を誇る富士通によっても確認された。今後、同社においてさらなる検証作業とノウハウの蓄積が進み、WebLogic Serverマルチテナントの有効性を最大限に引き出した活用法が確立されることに期待したい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]