オラクルのPaaSが大幅拡充! 「Oracle Java Cloud Service」がアプリケーション・モダナイゼーションに最適なプラットフォームに!

Oracle Java & Developers編集部
2015-09-14 17:50:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Oracle Java Cloud Serviceが企業アプリケーションのモダナイゼーションを促進

 このように、単独でも企業に多くの恩恵をもたらすOracle Java Cloud Serviceだが、7月にOracle Cloud Platformのサービスが大きく拡充されたことで、その利用価値がさらに高まった。ここで鍵となるコンセプトは「モダナイゼーション」であり、その実現の要となるのが、先述した「豊富なサービス」、「オンプレミスと同一のアーキテクチャ」という2つの特徴である。

 「オンプレミスのOracle WebLogic Server上で動くJava EEアプリケーションは、同じアーキテクチャで提供されるOracle Java Cloud Service上に手軽に移行することができます。それだけでなく、Oracle Cloud Platformで提供される他のサービスと併せて利用することにより、『モバイル対応』や『高度なシステム/サービス連携』などを容易に実現することができます。それにより、企業アプリケーションのモダナイゼーションを大きく促進することも、私たちがOracle Cloudの提供に力を入れている理由の1つなのです」(清水氏)

 それでは、7月に追加されたOracle Cloud Platformの各サービスにより、Oracle Java Cloud Service上のアプリケーションをどうモダナイゼーションできるのか? 以降では「Oracle Mobile Cloud Service」、「Oracle Integration Cloud Service」を例にとって説明する。

今すぐ試して! Oracle Mobile Cloud ServiceでJava EEアプリケーションのモバイル対応をスピーディに実現

 先述のように、Oracle Mobile Cloud Serviceは企業アプリケーションのモバイル対応を迅速化するサービスだ。これを使うことで、企業はOracle Java Cloud Service上のアプリケーションを各種モバイル・デバイスに速やかに対応させることができる。

 「ビジネスの現場にモバイル・デバイスが浸透した今日、『社内の業務アプリケーションをモバイル・デバイスからも使いたい』というニーズが急速に高まっています。これは企業ITが直面しているモダナイゼーションの課題の1つだと言えますが、この課題を解決するのがOracle Mobile Cloud Serviceです。オラクルがオンプレミスで提供してきたモバイル・アプリケーション向けソリューションをベースにしたOracle Mobile Cloud Serviceを利用すれば、Oracle Java Cloud Service上の既存アプリケーションや新規アプリケーションをiOSやAndroidを搭載したモバイル・デバイスにスピーディに対応させることができるのです」(清水氏)

 Oracle Mobile Cloud Serviceは、主に「フロント向け開発機能」、「モバイル活用の監視/分析機能」、「バックエンド資産とのAPI連携機能」の3つを提供する。


※クリックすると拡大画像が見られます

 このうち、「フロント向け開発機能」は、Oracle Mobile Application Framework(Java)のほか、iOSやAndroidといったモバイル・デバイス用のネーティブSDK、HTML5、Xamarinなどによるモバイル・アプリケーション開発をサポートしている。

 また、「モバイル活用の監視/分析機能」を使うと、モバイル・アプリケーションの利用状況などを詳細に把握することができる。

 「Oracle Mobile Cloud Serviceでは、専用の分析画面により、アクセス数やレスポンス・タイム、クラッシュ数、描画時間といった主にIT部門が利用する稼働情報のほか、利用時間や利用頻度、デバイス情報、位置情報といったビジネス上の観点から必要な情報も参照できます。これらの情報を基にしてモバイル・アプリケーションの利用状況を正確に把握し、画面デザインや機能などを継続的に改善していくことができるのです」(清水氏)


※クリックすると拡大画像が見られます

 そして、「バックエンド資産とのAPI連携機能」は、企業が抱える社内システムとモバイルの統合/連携を可能にする。具体的には、社内システムとモバイル・アプリケーションの連携用APIを作成する機能や、作成したAPIをカタログ化して公開する仕組みが用意されており、これらを利用することでモバイル・アプリケーションから社内システムへのアクセスを容易に実現できるという。


※クリックすると拡大画像が見られます

 モバイル・アプリケーションの企業利用で必須となるセキュリティ機能も充実している。Oracle Mobile Cloud Serviceでは、事前に定義したポリシーに基づいて社内システムへのアクセスをコントロールすることができる。「職務上の権限を持つ社員だけに特定の社内システムへのアクセスを許可する」といった制御が可能なのだ。

 こうした特徴を備えるOracle Mobile Cloud Serviceを、「社内システムのモバイル対応を検討している企業の方に、すぐにでも試してほしい」と清水氏は語る。

 「現在、多くの企業が『業務アプリケーションのモバイル対応をどの技術によって実現するか』で悩まれていると思います。そうした企業の皆さんは、ぜひOracle Mobile Cloud Serviceをお試しください。フロント開発でJavaやOSネーティブ、HTML5、Xamarinなど多様な技術をサポートしているOracle Mobile Cloud Serviceを使えば、自社に最適な技術が必ず見つかります。そして、どの技術を採用したとしても、バックエンド・システムとの連携が容易なOracle Mobile Cloud Serviceなら、ビジネスの現場が必要とするエンタープライズ・モバイル・アプリケーションを速やかに開発/運用していくことができるのです」(清水氏)

アダプタが充実! Oracle Integration Cloud Serviceでオンプレミス/クラウドの高度なシステム連携が可能に

 アプリケーション・モダナイゼーションで多くの企業が直面するもう1つの大きな課題は、高度なシステム連携の実現だ。Oracle Java Cloud Serviceを利用する場合、この課題はOracle Integration Cloud Serviceによって解決される。これはオラクルがオンプレミスでも提供しているサービス・バス製品「Oracle Service Bus」をベースにしたサービスであり、さまざまなシステムとの柔軟な連携を実現する。

 「Oracle Integration Cloud Serviceも、オンプレミス製品と同じアーキテクチャで提供されるOracle Cloudの利点を体現したサービスです。長年の実績を持つOracle Service Busで培われたシステム連携技術をパブリック・クラウド上ですべて利用することができ、豊富に用意されたアダプタにより、Oracle Java Cloud Service上のアプリケーションとオンプレミスで動作するERPやCRMなどの各種バックエンド・システム、さらにはOracle Cloud Platform上の各種サービスや他社のパブリック・クラウド・サービスとの連携を実現します」(清水氏)

 一般に、異なるプラットフォーム上で動作するシステムを連携させる際には連携機構の作り込みに多くの期間とコストを要するが、Oracle Integration Cloud Serviceの場合、簡単なマッピング作業を行うだけで高度な連携を実現できる。これにより、パブリック・クラウドを使うメリットである"アジリティ(俊敏性)"がさらに高まるわけだ。

 「パブリック・クラウド上のアプリケーションは、連携先のシステムが頻繁に変更されることが予想されます。特にOracle Java Cloud Serviceを開発/テスト環境として使う場合、連携先の変更が頻発するでしょう。Oracle Integration Cloud Serviceでは、連携のためのマッピング作業が容易であるだけでなく、対象システムやサービスに適した連携設定が事前に用意されており、必要に応じてレコメンドされます。そのため、システム連携をスピーディかつ手軽に実現できるのです」


※クリックすると拡大画像が見られます

 このほか、パブリック・クラウド上で複数のアプリケーション/サービスをまたいだビジネス・プロセス連携を実現する「Oracle Process Cloud Service」、ビッグデータ活用の敷居を大きく下げる「Oracle Big Data Cloud Service」、各種オフィス文書のパブリック・クラウド上での共有やモバイル・デバイスからのアクセスを容易にする「Oracle Document Cloud Service」など、Oracle Cloud Platformには企業アプリケーションのモダナイゼーションを支援するさまざまなサービスが用意されている。従来のパブリック・クラウドが持つ「アジリティ」や「低コスト」、「スケーラビリティ」といった利点に加えて、「容易かつ短期間でのアプリケーション・モダナイゼーション」を実現できることこそ、企業がOracle Cloud Platformを使うべき大きな理由だ。Oracle WebLogic Serverをお使いの企業は、ぜひ今すぐOracle Java Cloud Service、そしてOracle Cloud Platformの各種サービスをお試しいただきたい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]