5月22日は「Java Day Tokyo 2014」開催! 米国オラクルのエンジニアらがJava SE 8の新機能をレクチャー。Java開発者は品川に集合!!

Oracle Java & Developers編集部
2014-04-02 13:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年5月22日(木)、東京 品川で「Java Day Tokyo 2014」が開催される。昨年から規模を拡大し、「Java SE 8」のリリース記念として催される同イベントの見所を、企画担当の日本オラクル 伊藤敬氏が語った。

今年はJava SE 8のリリースを記念し、規模を拡大して品川プリンスホテルで開催

伊藤敬氏
日本オラクル
Fusion Middleware事業統括本部
ビジネス推進本部
シニアマネジャーの伊藤敬氏

 日本オラクルは2014年5月22日(木)、東京の品川プリンスホテルで「Java Day Tokyo 2014」を開催します。本日、Webサイトでの登録受け付けを開始しました。

 Java Day Tokyoは、Javaテクノロジーや関連市場の最新動向をご紹介するとともに、国内Javaコミュニティの活性化に貢献すべく、昨年からスタートした日本独自の年次イベントです。Java開発者、およびJava開発者を目指す方々を対象とし、米国オラクルからJavaの仕様策定や開発にかかわるエンジニアらを招聘して、彼らから直接、日本の皆さんにJavaの最新情報をお伝えするという点を大きな特色としています。

 おかげさまで、昨年5月に秋葉原で開催したJava Day Tokyo 2013には、大変多くの方にご参加いただきました。そこで、今年は会場を品川プリンスホテルに移し、さらに盛大に開催します。

テクニカル・セッションには、Java仕様の策定にかかわる米国オラクルのエンジニアらが登壇

ナンディーニ・ラマーニ氏
昨年のJava Day Tokyoでも基調講演に登壇した米国オラクル Java Client and Embedded Platforms担当バイスプレジデントのナンディーニ・ラマーニ氏

 Java Day Tokyo 2014の開催テーマの1つは、一昨年より掲げているコンセプト「Make The Future Java(Javaの未来を作る)」の成果として先頃リリースされた「Java SE 8」です。Java SE 8では、ラムダ式への対応をはじめ、大きな機能追加/変更が行われました。Java Day Tokyo 2014は、それらの詳細を皆様に直接ご説明する絶好の機会だと考え、講師として米国オラクルからJava SE 8の担当アーキテクトらを招いています。

 午前中のキーノート・セッション(基調講演)には、米国オラクルでJava開発部門を主導するナンディーニ・ラマーニ(Nandini Ramani)をはじめとするキーパーソンが登壇。Java SE、Java MEおよびIoT、そしてJava EEに関する最新動向を紹介します。昨年9月に米国サンフランシスコで開催されたJavaOne 2013の基調講演のエッセンスを凝縮し、さらに最新の情報を加えた内容を準備していますので、ご期待ください。

サイモン・リッター氏
Java SE 8の概要について解説するセッションを担当する米国オラクル Javaテクノロジーアンバサダーのサイモン・リッター氏

 また、午後は4つのトラックに分かれ、Java SE、Java EE、Java MEをテーマに米国オラクルや日本オラクルのスペシャリストらがセッションを実施。講師として、Javaエバンジェリストのサイモン・リッター(Simon Ritter)やJava SEのアーキテクトの1人であるスチュアート・マークス(Stuart Marks)、Java EEエバンジェリストのレザ・ラーマン(Reza Rahman)、日本オラクルのJavaエバンジェリストである寺田佳央らの登壇を予定しています。JavaOne 2013で人気を博したセッションの中から、ラムダ式やJavaFXといったJava SE 8の新機能やJava EEにフォーカスしたものを厳選し、日本の皆様のために再演します。ラムダ式に関するセッションを担当するのはスチュアートですが、彼の解説はわかりやすいと評判なんですよ。もちろん、同時通訳をご用意しています。

 さらに、ユーザー企業のアーキテクトにJava EEの活用事例をご紹介いただくセッションや、日本オラクルのパートナー企業によるJava MEのセッションも予定しています。加えて、Javaコミュニティ有志によるテスト・ツールをテーマにしたセッションも計画しています。

展示ブースではEmbedded Java搭載製品と統合開発ツール製品を展示。夜は「Java Day Tech Night」を開催

 このほか、Java Day Tokyo 2014の会場では、Embedded Javaに関する展示ブースを開設します。Embedded Javaに関しては今、日本企業が世界をリードする取り組みを進めているのをご存じでしょうか。展示ブースでは、そんな最先端の各種Embedded Java搭載デバイスを多数展示します。Embedded Javaの現在、そして未来を伺える格好の展示となりますので、お見逃しなく。併せて、最新の統合開発環境の展示も行いますので、ぜひ展示ブースにもお立ち寄りください。

 また、すべてのセッションが終了した後の18時からは、スペシャル・セッションとして「Java Day Tech Night」を開催します。開催内容は当日に発表しますので、こちらもお楽しみに。

 冒頭でもお話ししたように、Java Day Tokyo 2014の参加受付は本日より開始いたしました。満席が予想されますので、ぜひ早めに下記サイトよりお申し込みください。今年は品川の会場で皆さんをお待ちしています!

【2014年5月22日 「Java Day Tokyo 2014」開催!】

  • イベント名:Java Day Tokyo 2014
  • 開催日:2014年5月22日(木)
  • 会場:品川プリンスホテル アネックスタワー プリンスホール(東京 品川)
  • 参加費:無料
  • イベント・サイト:https://oj-events.jp/public/application/add/169