楽天とオラクルのアーキテクトが本音で語る、「Java EE 6導入を推進するうえでのポイントと導入効果」

Oracle Java & Developers編集部
2013-09-04 11:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上位マネジメント層のJava EE 6への理解をどう得るか

 岩崎氏が挙げたJava EE 6の利点は、おそらくアーキテクトなどユーザー企業の技術担当者なら、すぐに腹落ちすることばかりだろう。しかし、技術に明るくない上位マネジメント層に、そのメリットを理解して導入可否の判断をもらうには、別の視点も必要かもしれない。日ごろユーザー企業への上位マネジメント層へのアドバイスを行っている大橋氏は、彼らにどう説明しているのだろうか。その際のポイントを大橋氏はいくつか挙げた。


日本オラクル コンサルティング統括本部 ソリューションマネジャーの大橋勝之氏

 「まず1つは、私がご相談をいただくきっかけは、必ずしも『Java EE 6を導入したい』という話ではないということ。ユーザー企業の場合、現行のシステム開発上の課題が出発点になることが多い。そのため私も、機能面の細かい話よりも、まずコンセプトやロードマップなど大きなくくりの話をさせていただき、お客様が抱える課題を解決する方法と、Java EEのコンセプトやロードマップがうまくマッチすることがご理解いただけたら、次に実現可能性を検証するという流れで進めさせていただいている」(大橋氏)

 大橋氏が挙げた2つ目のポイントは、近年の運用管理コスト削減への意識の高まりから、従来のように開発部門だけでなく、運用管理部門にもJava EE 6の価値を理解してもらうことが重要になっているということだ。

 「システムを効率的に開発することに関しては、これまでの取り組みである程度対応できているお客様が多い。それに加えて、最近はプラットフォーム更改などにより3~5年周期でハードウェアを入れ替える際、コスト負担を減らすためにアプリケーションの入れ替えは行わず、継続して使い続けると判断されるお客様が増えている。Java EEなら、それが簡単に実現できる」(大橋氏)

 3つ目のポイントはITガバナンスの強化だ。Java EEはオープンかつ業界標準の技術であることから、プロプライエタリな技術へのロックインを避けつつ、常に信頼できる最新技術を使いながら、長期的な視点で自社のITシステムの方向性を考える余裕が生まれる。

 「上位マネジメント層の中には、過去にJava EEで苦い経験をした方もいらっしゃるが、そうした方にご説明する際に私が強調するのは、『Java EEによって、再び自社にITの主導権を取り戻しましょう』ということ。

 ユーザー企業では、これまで自社のITに関する基本方針や具体的なシステム構築方針の策定などをSIerに委ねるケースが多かった。しかし、ITがビジネスの道具としてここまで重要になった今日、方向性も含めて自社で的確にコントロールしていかないと、下手をすればITシステムがビジネスの足かせになりかねない。それをやるのに最適な技術は今、Java EEのほかにない」(大橋氏)

 大橋氏が指摘するこのポイントは、例えばユーザー企業のIT関連会社のような立場の企業が、自社の価値を長期にわたって継続的に発揮しながら社内/グループ内で"IT活用の推進役"を果たしていくうえで重要になるだろう。ユーザー企業、もしくはそのIT関連会社のITマネジメント層が中心となり、テクノロジーのメリットの理解と選択をどれだけ効率良く行えるか、またそのメリットをいかにわかりやすく企業のマネジメント層に訴えるかがポイントだと言える。

 このほか、岩崎氏も指摘したエンジニアのモチベーションやスキルの向上、システム品質の向上、外部も含めたエンジニア調達の容易化なども、大橋氏がユーザー企業の上位マネジメント層に対して強調するJava EEの利点である。

小中規模のプロジェクトで実績を積むことも上位マネジメント層へのアピールには有効

 一方、岩崎氏は、大橋氏が挙げたこれらのポイントに加えて、ユーザー企業の内部でJava EE 6の導入を推進するうえでは、小中規模のプロジェクトで実績を積むことも重要だと指摘する。

 楽天では、従来よりシステム開発の内製化を行ってきていたが、金融サービスにおいても内製化を順次進めている。大橋氏も指摘したように、ITシステムの方向性決定に関して自社が主導権を握り、またビジネスの変化に応じて素早くシステムを改修していくためだ。それには、何よりも社内にノウハウを蓄積する必要がある。そこで、まずは小中規模のプロジェクトでJava EE 6を採用しながら経験を積んできた。

 「いきなり大規模なプロジェクトで採用するのではなく、小中規模のプロジェクトでJava EE 6ベースのシステムをいくつか作って稼働させ、ノウハウを蓄積してきた。この中で、Java EE 6だけでは不足している部分の見極めも行い、それを補うために自分たちでライブラリを作ったり、オープンソース・プロダクトで使えるものを調査したりといったことも進めた。また同時に、それらのプロジェクトを通じてJava EE 6に精通した人材の育成も行い、ある程度の準備ができたところで大規模なプロジェクトに臨んだ」(岩崎氏)

 このように着実に実績を積み重ねてきたことも、上位マネジメント層の理解を得るうえで大きな効果があったようだ。

コスト削減、品質向上、ビジネスへの追随性、ITガバナンスの確立──Java EEの導入効果

 岩崎氏と大橋氏は、それぞれ以上のようなメリットを追求してJava EE 6の導入を推進しているが、実際の導入効果はどう感じているのだろうか。

 「基本的には大成功。長期的な視点で見ると、当初立てた目標はクリアしている」と説明するのは岩崎氏である。

 岩崎氏が導入効果の1つに感じているのは「コスト削減」だ。これは主に運用フェーズにおける利点だが、「これまでは1つのアプリケーションをリリースする度に数時間の大きなオペレーションが必要になっていたが、それをわずか数分で終えられるようになった」と効果は絶大のようだ。

 「品質向上」についても大きな効果が見られた。これまで複数の言語を組み合わせて作っていたときには、「明確なKPIもなく、『本当にこれ大丈夫か?』と聞かれた際に確信をもって『イエス』と答えられる根拠がなかった。しかし、Java EE 6導入後は、プログラムが一定の品質で書かれているかどうかを検証するコード・チェック・ツールなどを導入することで、システムが最低限の品質を保っていることを第三者の視点で示せるようになった」と岩崎氏は語る。

 システムを柔軟にスケールアウトできるようになったことも大きなメリットである。

 「利用者が急増した場合でも、スムーズに対応できるシステム基盤をようやく実現できた。ビジネスの拡大にも確実に追随でき、ITシステムが足を引っ張るようなことはなくなった」(岩崎氏)

 ただし、これまでJava EE 6による本格的なシステムを長期間運用した経験が社内になかったこともあり、アプリケーション・サーバの使い方、アプリケーションのデプロイ、障害対応など、運用に関しては、まだ戸惑う場面もあるようだ。これは当初から覚悟していたことでもあり、今後徐々にノウハウを蓄えていく予定である。

 岩崎氏が挙げた品質向上は、大橋氏もユーザー企業からよく言われる効果だという。加えて、Java EEの導入に伴い、自社でITシステムの方向性やアーキテクチャの策定を行うようになった企業からは、次のような声も聞かれるという。

 「専任の開発チームを持たず、都度外部のリソースを使って開発を行ってきたお客様が、Java EE 6を導入し、自社で標準アーキテクチャを定め、開発ガイドを作り、それをベースにして開発を発注するというスタイルに切り替えた。Java EE 6ならば、標準技術でシステムを作れるので、専任の開発チームがなくても、SIerの成果物の確認やアプリケーションの設計/コードの把握、プログラムの改修がやりやすくなったという感想をいただいた」(大橋氏)

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]