楽天とオラクルのアーキテクトが本音で語る、「Java EE 6導入を推進するうえでのポイントと導入効果」

Oracle Java & Developers編集部
2013-09-04 11:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Java EE 1.4などで構築した旧式のシステム基盤を、Java EE 6に移行する動きが国内でも活発化している。社内のマネジメント層の理解も得ながらどのように進めるべきか、楽天と日本オラクルのアーキテクトが議論した。

なぜJava EE 6を選ぶのか? 楽天のアーキテクトが考える採用メリット

 企業活動の推進基盤としてのITの重要性が高まっている今日、ビジネスのスピードに素早く追随できる俊敏性や拡張性を備え、なおかつ長期間にわたり安心して使い続けることのできるシステム構築技術が渇望されている。その最有力候補として国内のIT先進企業が目を向けているのが、バージョン5以降に大きな進化を遂げたJava EEだ。

 日本オラクルが2013年5月にユーザー企業の情報システム部門管理職やシステム・アーキテクト、CIOなどのITマネジメント層を集めて開催したセミナー「最新のJavaを3時間で知る! Java解説セミナー」では、パネル・ディスカッション「最新Javaテクノロジーのメリットを企業システムに生かす方法とは」にユーザー企業や日本オラクルでJava EEの導入を推進するアーキテクトが登壇し、Java EEを採用する理由、最新のJava EE導入の価値を企業の上位マネジメント層へ訴求して理解を得つつ導入を推進するうえでのポイント、Java EEの導入効果の具体的な把握方法などについて議論した。

 パネラーとして登壇したのは、楽天 DU金融サービス部に所属し、金融系システムに関する技術標準の策定やアーキテクチャ設計を担う岩崎浩文氏(チーフアプリケーションエンジニア)と、日本オラクル コンサルティング統括本部に所属し、日ごろユーザー企業におけるJava EEの導入や技術標準の策定、アーキテクチャ設計などを支援している大橋勝之氏だ。

 楽天の岩崎氏は、前職のITコンサルタント時代から、Java EEやWebLogic Serverを利用したシステム構築を手掛けてきた。そんな岩崎氏は、先ごろ同社の基幹業務を担うシステムをJava EE 6に移行し、カットオーバーを迎えたばかりだという。

 今日、普及が進むJava EE 6だが、国内で公表されている導入事例はまだ少ない。そうした中、Java EE 6の何にメリットを感じて導入推進に動いたのだろうか。岩崎氏が特に評価するのは、次のような点だ。

  • グローバル・スタンダード
  • 人材確保/教育
  • 品質向上
  • 運用安定性/管理性
  • 長期保守性
  • ビジネスへの追随性

楽天 DU金融サービス部 チーフアプリケーションエンジニアの岩崎浩文氏

 「まず大きいのは、『グローバル・スタンダード』であるということ。楽天が社内の公用語として英語を推進していることは知られているが、実はシステム開発部門では人材の多国籍化が進んでおり、外国籍の開発者が多く在籍している。そうした現場で使うのなら、開発者にとっての国際共通語であるJava、そしてJavaによるエンタープライズ・システムの標準仕様であるJava EEが最適だと考えている」(岩崎氏)

 「人材確保/教育」の面でも、Java EEには大きな利点がある。楽天のように人材のグローバル化が進む企業が、引き続き優秀な人材を広く集めようと考えるなら、プロプライエタリな技術を標準にして間口を狭めることに利はない。グローバルな標準技術であるJava EEを採用すれば、優れた人材を獲得するチャンスを最大化できる。加えて、Java EEのような最新の国際標準技術には、開発者の向上意欲を高める効果もある。

 「開発メンバーに対し、『今、Java EEを習得すれば、得た知識は今後ずっと役に立つ。Java EEは世界中で標準として認められているのだから、その最新技術を学ぶことで自分自身の価値も高まるし、早く学べば学ぶほど先行者利益が得られる』と説明すると、特にハングリーな外国籍の開発者などモチベーションが高まり、積極的に学んでくれる」(岩崎氏)

 また、「品質向上」の面でも、Java EEにはメリットがあると岩崎氏は語る。

 「楽天では、過去にPHPやRubyなどさまざまな言語でシステムを作ってきたが、それらの言語の多くは『こう作れば良いシステムが出来上がる』という明確な標準がなく、特定の開発者しかうまく使いこなせないようなものだった。その結果、成果物の品質にバラツキが生じがちなのが悩みだったが、Java EEであれば、Java BluePrintsなどとして標準的な作り方が明確に決まっており、現状は英語が中心になるが参考になる情報の量も豊富だ」(岩崎氏)

 「運用安定性/管理性」の高さも、岩崎氏がJava EE 6を高く評価するポイントだ。Java EE 6では前バージョン以上に開発生産性が高まっているが、岩崎氏はそのことにも増して、「運用安定性/管理性」の高さが、企業システムで利用するうえでのJava EE 6の魅力だと強調する。

 「運用安定性の高さは、PHPやRubyなど他の言語と比べて、開発が終わった後に大きな差が生じるJava EEのメリット。特にクラスタリングや大規模トランザクションなどの処理における安心感に関して、Java EEアプリケーション・サーバとApache上で動く他言語の実行環境との間には天と地ほどの開きがある。楽天のシステムでも、トランザクションが爆発的に発生するような瞬間があるが、Java EEはそうしたときでも強い。

 加えて、Java EEは他の言語/プラットフォームに比べて、管理性の面でも段違いに優れている。我々は日ごろ、性能や運用効率などに関して明確なKPIを定めて管理しているが、Java EEならばアプリケーション・サーバの管理機能を使い、そうした数値を常に確認し、目標をクリアしていることを確認しながら運用していける」(岩崎氏)

 さらに、Java EEの場合、構成技術の仕様やアーキテクチャが標準として定められており、新たなバージョンが登場した場合でも、仕様が変更された部分だけを修正しながら継続的にシステムを保守していける。この「長期保守性」も、岩崎氏が新システムでJava EE 6を採用すべきと考えた大きな理由である。

 そして「ビジネスへの追随性」については、次のように説明した。

 「ITシステムは企業のビジネスを加速するものでなくてはならず、そのビジネスの状況は頻繁に変わる。したがって、それに合わせてITシステムも適宜、更新していかなければならない。それを一番早く、確実にやるにはどうすればよいかというと、プロプライエタリな作り方は極力行わず、Java EEのような標準技術の枠内でやることだ」(岩崎氏)