Squeakでプログラミング入門--Squeak EToysで図形を描く

沖林正紀
2008-03-06 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトの作成

 以下の手順でプロジェクトを作成し、プロジェクト内での作業を開始できる。

  1. ワールドの余白をクリックし、表示されたメニューから「プロジェクト...」「新しくプロジェクトを作る」を選択
  2. 「名無し」というウィンドウが表示されたら、ウィンドウメニュー(×の右隣)から「表題の変更」をクリックし、プロジェクト名(MyProjectなど半角英数字)を入力
  3. 了解をクリックしてウィンドウ名が変更されているかを確認
  4. ウィンドウをクリックすると最大化され、プロジェクトでの作業ができるようになる

図形を描く

 図形を描くには、部品を加工する方法と、「お絵描き」というツール(小道具と呼ぶ)を使う方法とがある。ここでは前者の手順を紹介する。動画1を見れば、ハロ(図3)について以外は読むまでもないかもしれない。

  1. 右下の「部品」タブをクリックして「星」をワールド内にドロップ
  2. 星をAlt+クリックしてハロ(Halo)と呼ばれるアイコン群(図3)を星の周りに表示
  3. 右下の黄色のアイコンで星の大きさを調整
  4. 左下の青色のアイコンで星の向きを調整
  5. 右の紫のアイコンをクリックして色見本を表示し、星の色を選択(図4)
図3 星の周りに表示させたハロ(Halo) 図3 星の周りに表示させたハロ(Halo)
図4 部品を加工しているところ 図4 部品を加工しているところ

プロジェクトの保存

 ここまでできたら、プロジェクトを保存しよう。ワールドの余白をクリックして、「プロジェクトをファイルに保存」を選択する。そして図5の「保存」をクリックすれば完了だ。同じメニューから「前のプロジェクト」を選択すると、プロジェクト作成前の画面に戻れる。

図5 プロジェクトの保存 図5 プロジェクトの保存

 読者は図形を描くだけでは満足できないだろう。次回はこれに動きをつけてみよう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]