JavaScriptクラス作成方法:とりあえずまとめ

白石俊平(あゆた)
2008-03-14 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ

 以上のコードをまとめると、Personクラスのコードは以下のようになります。

// コンストラクタ
function Person(name) {
  this.name = name;
}
// 静的変数
Person.AGE_UNKNOWN = -1;

// インスタンスメソッド
Person.prototype.hello = function() {
  alert("Hello, " + this.name);
};
// 属性のデフォルト値を設定
Person.prototype.age = Person.AGE_UNKNOWN;

 JavaScriptクラスの作成方法は、基本的にこのパターンです。

 最近のJavaScriptフレームワークでは、こうしたプロトタイプの操作などを隠蔽し、Javaなどと似たような形でクラスを作成できるライブラリも存在します。しかし、実現しようとしていることは上のコードとほとんど変わりません。どんな方法で作られたクラスであっても、その構造をしっかり理解できるよう、今回までの内容をしっかり押さえておきましょう。

 次回は、「プロトタイプチェイン」というテクニックについてお話ししたいと思います。プロトタイプチェインは、「継承」や「委譲」と言ったオブジェクト指向のテクニックを実現するために必要な知識です。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]