dojoオブジェクトの基本(前編)

沖林正紀
2007-12-20 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 前回は概要とdojo.jsを<script>に記述するところまでで終わってしまったが、今回からいよいよdojoによるプログラミングを行っていきたい。なお、既にdojoを利用している方は、バージョンに応じて0.4.xから0.9への移行ガイド「Dojo Porting Guide: 0.4.x to 0.9」や、0.9.xから1.0への移行ガイド「Dojo Porting Guide: 0.9.x to 1.0」を参考にして、過去のバージョンと本稿で説明していく1.0との間を埋めていただきたい。

 今回はdojoプログラミングの肩慣らしとして、最も基本となるdojoオブジェクトについて紹介しよう。

dojoのバージョンを知る

 dojoのバージョンはdojo.versionの値から知ることができる。これを表示するために、リスト1をXHTML 1.0 Strictの形式で作成した。本稿ではHTMLの形式をこれで統一する。実行結果を図1に示す。なお、リスト1ではdojoのファイルがHTMLファイルと同じ階層のjsディレクトリにあるものと仮定している。

図1 図1 リスト1の実行結果

リスト1 dojoのバージョンを知る(HTML+JavaScript)

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
                      "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
  <head>
    <title>dojoオブジェクトの基本(dojo)</title>
    <script type="text/javascript" src="js/dojo/dojo.js"></script>
  </head>
  <body>
    <h3>dojoオブジェクトの基本</h3>
    <script type="text/javascript">// <![CDATA[
      document.write( 'dojoのバージョンは ' + dojo.version );
    // ]]></script>
  </body>
</html>
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ