dojoの概要と利用の準備

沖林正紀
2007-12-13 08:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 dojo(図1)は、非営利団体Dojo Foundationによる支援の下、Alex Russell氏らにより開発が進められているオープンソースのJavaScriptライブラリだ。Apple Storeで使われていることで知られる。

 2005年3月に最初に公開されて以降、さまざまな機能が追加され、2007年11月5日にバージョン1.0がリリースされた。さらに同月23日にはバグ修正が施された1.0.1もリリースされている。このバージョンでサポートするWebブラウザはInternet Explorer 6以上、Firefox 1.5以上、Konqueror 3.5以上だ。SafariはLeopardがリリースされた時点で2.0のサポートはなくなり、3.0以上のみのサポートとなっている。また、Operaは後述する一部コンポーネントのみのサポートだ。

 執筆時点の配布ライセンスは、修正BSDもしくはAcademic Free License 2.1のデュアルライセンスとなっている。また、開発活動に貢献したいと考えているユーザーおよび法人はContributors License Agreementsに従わなければならない。

 ちなみに、Dojo Foundationのスポンサーには、IBM、Sun Microsystems、BEA Systemsなどの有名企業が名を連ねており、dojo以外にもOpenRecordCometdの開発も支援している。

図1 図1 dojoのWebサイト

 これから8回にわたって、このdojoの概要や、dojoのコンポーネントが持つ豊富な機能について紹介していくので、よろしくお付き合いいただきたい。

dojoの概要

名前の読み方

 まず名前の読み方だが、図1左上のロゴを見るとoの上に丁寧にも横線が引かれているので、「ドージョー」と読むのが正しいと筆者は推測しているのだが、公式ドキュメント「The Book of Dojo」に読み方を示す記述を見つけられなかった。この名前を提案したのは主要開発メンバーの一人であるLeonard Lin氏だ。

主なコンポーネント群

 dojoを利用するにあたって最初にWebページに読み込ませなければならないdojo.jsは非圧縮の状態でも約73KBしかないが、ダウンロードするファイル(dojo-release-xxxxx.tar.gz)は約3.4MBにも達する。これにはCore、dijit、dojoXという3つのコンポーネント群がまとめられている。

 これらについては次ページで紹介しよう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]