C/C++のデータ型と書式を知る:出力の書式

沖林正紀
2008-02-08 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書式とは?

 書式とは、データを入出力する際のデータの並び方をいう。JavaScriptに明るければ、{ "id" : 12345, "name" : "masanori" }のようなJSON形式を思い浮かべるかもしれない。HTMLなら、からまでで1つのWebページを示す。Content-Type : text/htmlなどのHTTPヘッダもそうだ。書式を決めておくことで、データをやり取りするプログラム同士が、同じ内容のデータなら同じように解釈できる(はずだ)。

 前回の最後で、書式とデータ型とが密接に関連していると述べたが、それは書式を指定する際に、どんな種類のデータがどういう順番で並ぶのかが重要だからだ。

書式の指定が必要なとき

 書式を指定する必要があるのは、データを入出力するときだ。別のプログラムとデータをやり取りするときと言い換えても良い。

 すべてのプログラムを1人で自作するのであれば、書式の定義は大した問題ではないかもしれないが、実際の開発現場では、別の開発者が作成したプログラムとデータをやり取りしなければならないことも多い。そのときに書式がきちんと定義されていないと、入力されたデータの解釈に手間がかかったり、解釈の違いによってプログラムが誤動作するおそれがある。

 そうしたことを防ぐために、同じデータを共有するプログラム同士で、その書式を定義しておかなくてはならないのである。

 では次ページから、出力時の書式を表す記号(変換指示子)を、例を用いながら紹介しよう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ