C/C++で"Hello, World!":Visual C++ 2008編

沖林正紀
2008-01-23 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトの作成

 インストールが完了したあと、起動すると図1のような画面が表示される。プログラムを作成する際には、開発するプログラムの単位となるプロジェクトを作成する必要がある。それには、図1中央やや左上の「最近使ったプロジェクト」にある「作成」の右、「プロジェクト(P)...」をクリックする。

図1 Visual C++ 2008 Express Editionが起動したところ 図1 Visual C++ 2008 Express Editionが起動したところ

 そうすると「新しいプロジェクト」(図2)というウィンドウが開くので、ここで「Win32コンソールアプリケーション」を選択し、プロジェクト名(ここではMyFirstProj)を入力し、「OK」をクリックする。ソリューション名はプロジェクト名と共に入力されるものを、ここではそのまま利用する。

図2 Win32コンソールアプリケーションを作成 図2 Win32コンソールアプリケーションを作成

 そのあと自動的に、Win32アプリケーションウィザード(図3)が開くので、「次へ」「空のプロジェクト」「完了」の順にクリックすると、画面左にプロジェクトが作成される(図4)。

図3 「空のプロジェクト」を選択し、「完了」をクリック 図3 「空のプロジェクト」を選択し、「完了」をクリック
図4 作成されたプロジェクト 図4 作成されたプロジェクト
  • コメント(1件)
#1 ちゃっぴ   2008-03-29 23:46:28
Unicode build について書かないと最悪 sample が動かない可能性があると思っています。
本当は Windows 環境で動かすなら unicode build すべきで書き方違いますと書いて欲しいところですが、それ以前に直していただきたい点が正直多すぎます。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]