C/C++で"Hello, World!":Visual C++ 2008編

沖林正紀
2008-01-23 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は"Hello, World!"プログラムを、Eclipse CDTでのプロジェクトの作成から実行までを紹介した。今回はそれをVisual C++ 2008 Express Editionで行う場合について紹介する。

ダウンロードとインストールにおける注意点

 Visual C++ Express Editionは、インストーラが必要なモジュールをダウンロードしながらインストールを行うWebインストールと、ダウンロード可能なDVDイメージで提供される。

 インストールの前に、まずサポートされる環境を確認しておこう。マイクロソフトのWebサイトに「Visual Studio 2008 Express Edition のリリースノートと既知の問題」が掲載されている。ベータ版や過去のバージョンのVisual Studioとの共存やアップグレードといったことは、「Visual Studio 2008 Express Editions FAQ」を参照していただきたい。

 それから、ダウンロードを開始する前に、必ずブロードバンド環境に接続可能であることも改めて確認しておきたい。また、モジュールの容量が大きいので、ディスク容量とダウンロードにかかる時間もきちんと確保しよう。

 インストール方法の詳細は、Webインストールの場合は「インストール方法紹介」、DVDイメージの場合は「DVD イメージからのインストール」を参照していただきたい。

 インストールできただろうか?では早速、プロジェクトを作成してみよう。

  • コメント(1件)
#1 ちゃっぴ   2008-03-29 23:46:28
Unicode build について書かないと最悪 sample が動かない可能性があると思っています。
本当は Windows 環境で動かすなら unicode build すべきで書き方違いますと書いて欲しいところですが、それ以前に直していただきたい点が正直多すぎます。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ