C/C++の開発環境を整備:MinGWとEclipse CDT

沖林正紀
2008-01-10 11:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Eclipse CDTのインストール

 MinGWだけでもプログラミングはできるのだが、コマンド入力が苦手という方のために、Eclipse CDTをインストールする方法も紹介しよう。

 Eclipse CDT自体は英語版のEclipseプラグインだが、Pleiadesというパッケージを利用すれば、メニュー表示などを自動的に日本語に書き換えてくれる。筆者は英語が得意ではないので、とてもありがたい存在だ。

 Pleiadesは、Javaの実行環境(JRE)を含むもの(ファイル容量は約170MB)と含まないもの(同じく約220MB)とが存在するので、現在のマシン環境に合わせてダウンロードするパッケージを選んでいただきたい。ファイル容量が大きいので、ダウンロードにはある程度の時間がかかる。

 どちらのパッケージもZIP形式の圧縮ファイルなので、インストールはファイルを解凍(展開)するだけでよい。筆者はC:\eclipse以下に解凍した。このフォルダのeclipse.exeを開くと、メニュー表示が日本語に変換されたEclipse CDTを実行できる。

Eclipse CDTの設定を確認

 Ecipse CDT(Pleiades)がインストールできたら、MinGWと連携できる設定になっているかを確認しておこう。

 新規Cプロジェクトを作成する際、画面右側に「MinGW GCC」と表示されていれば、MinGWのgccコマンドを利用してビルドを行うことができる(図3)。

図3 CプロジェクトでMinGWが利用可能かを確認

ここまでに述べた、MinGWのgccコマンドの実行およびEcipse CDTとMinGWとの連携が確認できただろうか。それができたら、次回はソースコードを作成し、それを実行することにしよう。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2008-11-29 12:01:12
Pleiadesのサイトを覗いたら、MinGW、jre、eclipse、eclipseの日本語化、のすべてをパッケージ化した、Pleiades All in One 日本語ディストリビューション (zip ファイル) ダウンロードがありました。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]